100本売れたらOKな世の中になぜならないのか?

<a href='http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070822/132806/' target='_blank'>「大作RPGで徹夜」はもうなくなる? (デジタルエンタメ天気予報):NBonline(日経ビジネスオンライン)</a>
 「昔ながらの、1人でじっくりと腰を落ち着けて遊ぶゲーム」は、もはや据え置きゲーム機ではヒットしにくい時代になっている、ということです。

 野安さんの言っていることは正しいと思います。PS3の性能をフルに生かしたリアルドラゴンクエストは、残念ながら当分出てこないみたいです。
リアルにモンスターが草原を走って襲ってくるドラゴンクエスト、やってみたかったのですが...

昨今では、年齢性別を問わず、ユーザーは携帯ゲーム機を所有しています。となれば、じっくりと楽しみたいゲームは、どこでも電源を入れることができ、場所を選ばずに楽しめる携帯ゲーム機を主戦場にしていくのは、ごく自然なことです。

 でもだって、携帯ゲームは、一人しか楽しめないじゃないですか。
ぼくは、おうちでゲームをしていたらヨメが横から覗き込んだり、コネタに二人で突っ込みを入れたり、そういうのが楽しいのです。
体を動かすのは嫌いだから、Wiiスポーツじゃなくて、RPGがいいのです。
対戦したらヨメに勝つのはわかりきっているから、対戦じゃなくてひとつのゲームを二人でいろいろいいながら遊びたいのです。
 つまりイリスのアトリエであり、モンスターファームがいいのです!あ、あと「アストロノーカ」。

 ...わかってますよ。こんなの少数派だってことは。でも、ぼく一人じゃあないはずで。

一部のユーザーの期待に応えるような、昔ながらの大作ゲームも出てくるでしょうが、それはビジネス面から見たときの主流商品にはならないでしょう。

「昔ながらの大作ゲームも出て」...こなくなるのですよ、経験的に。
世の中主流があっちだというと、こっちには誰もいなくなってしまいます。こっちがいい人だって結構いるはずなのに。


 世の中進化して、かつてよりずっと安く物を作れる時代が来たはずでしょ?
だったら、以前と同じ品質のものが以前より小さな市場のために作られたっていいはずじゃないですか?
アストロノーカの続編(ネットワーク対戦じゃないもの)を遊びたい人、結構いると思うのですよ。
プログラマとデザイナ二人で一ヶ月くらいで作って、5千円×200本=100万円でペイしないものなのでしょうか。

 同じことが、本とかCDの分野にも言えるんじゃないのかな、と。
CDなんて、もう出現から20年もたってるんですよ。製造コストは格段に下がっているはずです。
曲を書く人と歌う人とあと数人いたらCDが作れます、100枚売れたら黒字です、
200枚売れたら次のCDも作れるんです、という具合にならないのは、なぜなんでしょう?

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 100本売れたらOKな世の中になぜならないのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2007年8月25日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 RTCカンファレンスvol.026 「インターネットと政治」 」です。

次のブログ記事は「 movable typeに移行した。 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type