[本]カンブリア宮殿

このエピソードを知っただけでも読んだ価値があったかな、と。

カメラ店は飽和状態、売り上げは頭打ちだった。高田は、「客を待っているだけではダメだ」と考えた。店の近くに温泉地があった。高田は毎晩、旅館の宴会場に足を運び、お客さんに話しかけ、笑顔の写真を撮りまくった。宴会が終わると店に戻り、夜通し現像をした。翌朝朝一番に再び旅館へ。できたての写真を販売したのである。写真は飛ぶように売れた。

ジャパネットたかたの社長さんの話の前ふりで出てきた、若いころの話です。ITとは全然関係がありませんが、十分今でも通用しそうな話ですよね。
カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [本]カンブリア宮殿

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/379

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2007年9月28日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 HumanDate 0.0.2 」です。

次のブログ記事は「 第6回OBIIミーティング「いいめも&わらたま」 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type