第7回OBIIミーティング、Google「Android」は何をもたらすのか

[[第7回OBIIミーティング、Google「Android」は何をもたらすのか:http://obii.jp/2007/11/7googleandroid_bf9f.html]]に行ってきました。 *Andoroidとは? by [[美谷さん:http://blog.pasonatech.co.jp/mitani/]] 参加メーカー -いろんなメーカーが集まった、といわれているけど、NOKIA,Verizon,Vodafoneなどは入っていない。 -一方、スペインで圧倒的勢力を持つテレフォニカが入っていたり。 -でも、どこまでみんな本気かは不明。 国内は? -KDDIは、googleと仲がいいけど、ナビタイムとかのつきあいがあるから、簡単には手を出しにくい -ソフトバンクは、Yahooがあるから.... -ウィルコム、イーモバイルは有望かも。 OSを搭載している携帯電話はすくない -世界的な携帯電話の主流はチープ端末。 -スマートフォン市場が今後成長するか? 3つのポイント -オープンソースの可能性:linuxが競合? -キャリアの壁:Googleがsprint買収の可能性? -世界的には、3Gネットワークがあるのは先進国だけであり、andoroidの力を利用できるネットワーク、価格体系が整っている市場は限られてくる。 キャリアの壁を突破する方法 -力ずくで突破:どこかのキャリアを買収 -テレフォニカのようなメーカーと組んで、地方から攻める その他 -賞金10億円のコンテスト -[[日本アンドロイドユーザーグループ:http://www.android-ja.net/]] 皆様のコメント -OSレイヤーじゃなくて、ブラウザレベルでGoogleMapsなどが動けばいいわけで。OSである必要はないのかも。 -iPhoneに匹敵するキラーコンテンツが見えない。何かあれば、ユーザー主導で動く可能性が出てくるのだけれど。 -Googleとして何がしたいのか。オープンソースゆえに高機能になってしまって、チープ端末に乗せにくくなったように思う -サービスを提供する側としては、高機能化は歓迎。「わー、Googleが攻めてきた~!なんかしなくちゃ!」となるとうれしい。 -モバイルに適したコンテンツがでてくるのか。 -GoogleGearsとの合わせ技に期待。 -Javaもどきの言語が普及すると、Googleが第二のSUNになるのか。 -最悪、キャリアがいなくたって、無線LAN電話という手もあるぞ。どうせ農村部にいる人は買わないって。 -さらに最悪、撤退したってGoogleにはさほど被害はないんじゃないの? -個人情報を握りたいのかなぁ? -非携帯電話業界へのインパクトはでかいよね。でもキャリアから見たら、たぶんないなぁ。たぶん各社、いちおう保険で1台作ってみる、くらいかなぁ。 -お金の使い方がうまいなぁ。 -困る会社は多いけど、伸びる会社が思いつかない -パソコンと携帯、今は別の世界だけど、それをうまく変える方法をandoroidが提案しないか? -家電メーカーから見ると、単なる新しいlinuxディストリビューションに過ぎない? -組み込み開発の立場からすると、WEBと連携するアプリを作るのは結構大変。携帯電話より、DVDレコーダーとかカーナビなどの家電向けのほうが面白いのでは。現行WEBにつながる有望なOSがないので、うれしいかも。 -Googleのサービスは気がついたら使うことになっていることがあるので、5年後くらいだと面白いかも。 -andoroid vs 任天堂DS -googleの新機能はいつも不連続。なので、andoroidも意外と何とかなっちゃうのかもしれない。 -メディア側が作ったプラットフォームというのは初めてだよね。たとえばYahooはブラウザの制限でいろんなことができずに苦労している。そういう意味では期待したい。 -日本だと、MVNOでなんとかならないか? -googleの思惑が見えない。PCと携帯をシームレスにつなげるサービス、かなぁ。 -自作携帯?でも今のままだと、オタクガジェットで終わってしまう.... -今現在国内で携帯をメインに使っているユーザー、モバゲータウンとかmixiを使っているユーザがandoroidに魅力を感じるか? -B2Bは? *グループディスカッション Q:"andoroidプラットフォームを面白く使うアイデア"を考える -コンテンツ? -ビジネス? 3人一組のチームで30minのディスカッション フィールドワーカー向けソリューション -普及するための壁 --開発側:オープンソースなのでうれしい --ビジネス:お金にならない。ユーザーにとってうれしいの? --ユーザー -フィールドワーカー向けソリューション --日本語入力 --そのほかアプリ -Q:それって儲かるの? -A:まあ普及に応じてそれなりに.... 手っ取り早くアプリを作ろう -ライフログをとる機能 -ブログが書きやすい -3年、10年とためると、自叙伝が書ける -行動履歴はビジネス的においしい -交通量調査も出来る! -スケジューラとGPSのマッチング:例えば、スケジュール「野球を見に行く」、GPSで「横浜スタジアム」、写真があれば、全自動でブログが書けちゃう - -Q:それって他のOSじゃダメ? -A:ダメじゃないが、Googleカレンダーがあってpicasaがあるので。 2011年Andoroidの旅 -2011年、なぜか、andoroidが世界普及率7割に!なぜ? -インストールしたら一端末あたり500円払ったる!by Google -切り替えに費用はかかるけど、ブラウザとか、各種ライブラリにかかるお金が削減できるから、もしかしたら安くなるかも。 -すると、キャリアから圧力がかかったり、価格圧力でandoroidに流れるかも。 -Googleの狙いは? andoroidに含まれているアプリGoogleCalendar,Gmail....を通して、ユーザーの行動情報がとれる -「私より私を知っている携帯」 -Q:この場合、日本のキャリアはOSをクローズにしてくる? -A:してくるでしょうねぇ。 -Q:これって誰が「面白い」の? -A:キャリアさん(笑) 日本のサービスを世界へ -Googleの役員の身になって考えよう -日本のサービスは世界を一周先行している。日本のサービスを海外に持っていく -例:Gデコ、Gノベ、Gゲー -Gデコ:デコレーションメール -Gノベ:ノベル -Q:Andoroidである必要があるの? -A:gmailだってgmailである必要ないじゃん。 -Q:シンビアンがSデコを投入したらどうするの? -A:コマーシャルを流して対抗する andoroidはまだこれから進化する! -メーカーさんが巨額の資金をつっこんでサービスを作っても、一社でしか使えないから普及しない。andoroidが普及することで山地がいきなり平野になる可能性がある。 -Andoroidがあることで、いきなり世界市場が誕生する -携帯電話の形を変えよう。 --手でもって話す --→手で持ってメール --→首輪とか? --ぶっちゃけ携帯電話って一人一台持つ必要はないのでは? --すべてのデータはWEBに上がっているから、誰の携帯を持っても指紋認証で自分の携帯電話になる! ---例:朝自宅の端末で読みかけていた新聞は、会社のPCで続きが読める -Googleはバックボーンに注力する -フロントエンドはいろんなメーカーが用意する AndoroidのデモはAndoroidで。  Andoroid上でプレゼン(?)していただきました -GoogleMapsがWEBサービスの50% -カメラで取るとそれが何か教えてくれる -音声認識→翻訳 -位置依存検索サービス。大阪でマックといえばマクドナルドを探さない 最後のチーム -Googleって、あとからお金儲けの方法を考える会社。Adwordsを開発する前は青息吐息だった。Andoroidも同じ道をたどるのかも。 -ユーザーに提案するAndoroid。そのあたりだと友達がいますよ、ここでこれが安いですよ、などなど。便利さと、適度なおせっかい -コンテキスト依存広告。 -世界的には低価格端末が主流なので、赤字覚悟でgPhoneをばら撒いたあと、何とかするとか。
カテゴリ:

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第7回OBIIミーティング、Google「Android」は何をもたらすのか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/453

» 第7回OBIIミーティング、Google「Android」は何をもたらすのか、終了しました(OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート)~のトラックバック

第7回OBIIミーティング、Google「Android」は何をもたらすのか、は 続きを読む

» Googel Androidについて(1_11-世界を巡るFool on the web)~のトラックバック

先週の金曜日のOBIIの勉強会にて、簡単にグーグルのAndroidについて発表... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2007年12月 1日 10:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 会社が大きくならないと社員もおもしろくない 」です。

次のブログ記事は「 どうして会社を大きくしたいのか?mixi笠原社長に聞いてみた。 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type