居座っても大丈夫なカフェのアイデアを考える

わー!応援応援!

結構、楽しそうになったのでカフェをやろうと思う。
メニューはもちろんだけど引き続きカフェの仕組み?
システム?のアイデアも募集します。よろしくお願いします。
(本当にプログラマカフェをオープンする。 - $ dropdb 人生)

後問題としてプログラマだと
作業に集中しだすと入り浸っちゃうから
客の回転率が悪くなりそうです^^;
いい感じに収益をあげれる方法があればいいんだけど・・・
(おされなカフェ - Gero2.0)

 そうなのですよね。でも、居座れないと自分がうれしくないから、居座られても大丈夫なカフェを考えてみる。

・居座っている人は、満員になったら退転していただくお約束

 必須だと思います。

・飲み物を高くする

 名づけてスタバ方式。原価100円以下のコーヒーを680円で出せば、それなりの利益になります。まあ普通の作戦ですね。

#えー。やだー。毎日600円とか払えませーん! <街のプログラマさんの声

・チケット制

 BarTube方式。お客様には一綴り2000円くらいのコーヒーチケットを買っていただきます。これでコーヒー○杯飲めます、とかそういうやり方。「○月×日にamachangが来ます!」とか、そういう小さなイベントを頻繁にやるのであればお勧めのやり方。

#つまり、一回しか来店しない人が多いほど儲かっちゃうわけです。

個人的には、ふんだくられたという気はしなくて、むしろうまいやり方だなぁ、と思っています。

・月額会員制

 一杯100円ではやってられませんが、一万円/月取れるサービスなら採算が合うかもしれません。
払うほうも、いっそこの方が諦めがつくんじゃないかと。
税金面でも、一人で入ったカフェのコーヒーは経費につけにくいですが、プログラマの集まる場所の会費だったらバッチリ経費で個人事業主に優しい!

なんか他にあるかなぁ。

客に働かせるとか?早朝とか、すいている時間帯は、プログラマとして居座りつつ、もしお客さんが出たらコーヒー出すくらいはしてもいいと思うのですよね。

あ、あと混雑状況表示はぜひやっていただきたいです。
カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 居座っても大丈夫なカフェのアイデアを考える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/495

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2008年1月29日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 独立自営業者の値付け方法 」です。

次のブログ記事は「 「仮想空間とブログ」ブロガーミーティング 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type