MextractrAPIを使ってみた。

 文章を渡すとそこから地名や日付を抽出してくれる、Mextractr WebAPIというAPIがあります。
WEBにある文章から、そこに書かれている日付や場所、金額などが抽出できると、その内容をカレンダーに転記するとか、金額だったらうまい棒○本分に換算して表示するとか、いろいろとワクワクする展開が考えられますよね。

実は、自分も過去に同じようなことを考えて、未踏ソフトウェア創造事業に提案させていただいたことがあります。このときは、やり方にあまり斬新さがなかったので未踏的じゃない、ということでNGだったのですけど。

解析機能を提供していただけるのであれば、実現したいアプリケーションのアイデアはいくつもあるので、早速使ってみました。

使ってみた

 サンプルコードまで出していただいているので、使うのは難しくありません。
Mextractr_api_url = 'http://api.emetadata.net/mextractr?text=[[text]]&out=[[out]]&apikey=[[apikey]]'
#解析して欲しい文字列をエンコードして
text_encoded = CGI.escape( CGI.escapeHTML(text.toutf8) )
#Mextractr APIを呼び出す
uri = URI.parse( Mextractr_api_url.gsub('[[text]]',text_encoded).gsub('[[out]]','atom').gsub('[[apikey]]',@apikey) )
response = nil
Net::HTTP.start(uri.host,uri.port){|http|
	response = http.post(uri.path,uri.query)
}
で、帰ってきた結果をrexmlで解析してあげればOKです。

サンプルコードでは、結果をGETでとってきていたのですけど、URLに解析対象の文字列を丸ごと含むのはきついと思うので、POSTするようにしました。試しに投げてみたら値が帰ってきているので、きっとこれでOKです(笑)

ということで、結果のxmlをハッシュに変換するところまでで一つのクラスにまとめてみました。クラスを作って、parseメソッドにテキストを渡したら結果が帰ってきます。
mextractrAPI.rb
[名前] MextractrAPI
[概要] Mextractrサービス(http://api.emetadata.net/)をrubyから使うためのラッパークラス
[作成] 2008-08-27 古川大輔(mogya at mogya.com)
[用法] http://api.emetadata.net/からAPIキーを取得しておく必要があります。
       #取得したAPIキーをつかってMextractrAPIクラスを生成
       api = MextractrAPI.new('xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx')
       #解析したいテキストを渡す
       result = api.parse(text)
       結果がどのように格納されているかは、 pp result して見てください。
Mashup Awards 4に応募しようと思っている方もそれ以外の方も、自由にお使いください(^^)

気づいたこと

複数の要素を検知したときに、重要度とか確からしさをつけて欲しい。
 文章中に日付とか場所が複数あった場合、それらは並列されて帰ってきます。
"where"=>
 [{"georss:point"=>"42 -104.1", "valueString"=>"沖縄"},
  {"georss:point"=>"13.15 144.5", "valueString"=>"グアム"},
  {"georss:point"=>"13.15 144.5", "valueString"=>"グアム"}],
"when"=>
 [{"valueString"=>"27日", "startTime"=>"2008-08-27"},
  {"valueString"=>"2009年度", "startTime"=>"2009-01-01"}],
 個人情報フィルタではこれでいいのだと思いますけど、文章からメタデータを取り出す上では、どれか一個、代表値が欲しいです。
たとえば、「日時:」で始まるデータは重要度が高いとか、日付の後ろに時刻まで書いてあったら確からしさが高いとか、そういう情報を付加していただけると嬉しいです。

whenで時刻は検知してくれないの?
 今のところ、whenとして帰ってくるのは日付だけみたいです。
「来る5月23日10時から、定時株主総会を墨田区の弊社本店A会議室にて開催いたします。」と渡しても、2009/5/23までしか見ていただけません。
日付しか返さないのだったらstartTimeじゃなくてstartDateのような。

バージョンアップして時刻も対応していただけることを期待しております(^^)

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MextractrAPIを使ってみた。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/631

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2008年9月 8日 17:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 gcalapiで"Invalid date/time value"(GoogleCalendar::EventInsertFailed) 」です。

次のブログ記事は「 Re:やっぱり京都にITって無理なのか 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type