[ruby]mextractor web apiのライブラリ

Mextractrに関する注目が集まっているので、自分が使っているライブラリを公開します。

mextractr_webapi.rb

#RubyForgeのプロジェクトは今申請中なので、gemはちょっとお待ちくださいませ。

使い方としては、APIキーを取得して、
$ script/console
Loading development environment (Rails 2.0.2)
>> require "mextractr_webapi"	
>> mextractr = MextractrWebApi.new(MEXTRACTR_KEY)
>> res = mextractr.parse("11/27(木)、京都市中京区のはてな京都オフィスでShibuya Perl Mongersテクニカルトークのパブリックビューイングが開催されます。")
>> pp res
{"id"=>"20081127_0001",
 "updated"=>"2008-11-27T10:05:38+09:00"
 "response"=>
  "\n\n  Mextractr WebAPI results\n  2008-11-27T10:05:38+09:00\n  \n    Mextractr\n  \n  20081127_0001\n  \n    \n    20081127_0001\n    extracted event metadata\n    \n      Mextractr WebAPI\n    \n    2008-11-27T10:05:38+09:00\n    11/27(木)、京都市中京区のはてな京都オフィスでShibuya Perl Mongersテクニカルトークのパブリックビューイングが開催されます。\n    \n    \n    \n  \n\n",
 "content"=>
  "11/27(木)、京都市中京区のはてな京都オフィスでShibuya Perl Mongersテクニカルトークのパブリックビューイングが開催されます。",
 "where"=>
  [{"georss:point"=>nil, "valueString"=>"木)、京都市中京区"},
   {"georss:point"=>nil, "valueString"=>"京都"}],
 "when"=>[{"valueString"=>"11/27(木)", "startTime"=>"2008-11-27"}],
 }
という具合です。
res['when'][0]['startTime']とか、res['where'][0]['valueString']という具合で各値を取り出すことが出来ます。

あと、MextractrWebApi.new(MEXTRACTR_KEY)の二つ目の引数にloggerを渡すと、取得してきたatomの内容とかを見ることが出来るので、挙動がおかしい時に犯人を突き止める一助になります。
カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [ruby]mextractor web apiのライブラリ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/665

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2008年11月27日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 [メイドめーる]メタデータ賞をいただきました 」です。

次のブログ記事は「 波線を含むメールが文字化けする問題への対処 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type