Expression WebをつかってWindows上でPHP開発

 前回紹介したExpression Web2に、PHPを扱う機能がついているそうなので、これもついでにやってみました。

結論から言うと、ApacheとかIISをインストールすることなしに、Windows上でPHPをデバッグ/実行する環境が作れるので、WindowsでPHP使う人は多少便利かも。

Expression Webのインストール

試用版をインストール。

途中、製品キーを要求されるので、「オンラインで製品キーを入手するにはここをクリックします」をクリックしてWebサイトへ。
メールアドレスも名前も不要で、CAPTCHA文字列だけ入れたら製品キーをもらうことが出来ます。

もらった製品キーを入力してインストールを続行。

バックグラウンドでダウンロードしながらインストールするので、ちょっと時間がかかります。

これでExpressionWebのインストールは完了です。

PHPのインストール

 日本PHPユーザー会のサイトからリンクをたどって、Windows版PHPをインストールします。
そのときに、php-cgi.exeをインストールしてもらう必要があるので、

cgiサーバを聞かれた時に、「Other CGI」を選ぶのがいいみたいです。

Expression Webの設定


 ここに、php-cgi.exeのパスを入力。普通に入れたら、「C:\Program Files\PHP\php-cgi.exe」になるかと思います。

作成

「新規作成→PHP」でphpファイルを作成します。

開いたファイルはデザインをいじるためのビューになっているので、コードビューに切り替えて、

なんか適当にPHPのコードを入力。ちなみにctrl+spaceでコード補完が利きます。

入力できたら、おもむろにF12をポチッとなすると...

PHPのコードが実行されて表示されます。
前回書いたとおり、IE以外のブラウザも起動することが可能です。


「Microsoft Expression 開発サーバー」という独自WEBサーバを持っているらしくて、これがphp-cgi.exeを呼び出して実行結果をブラウザに引き渡しているみたい。
この方式だと、ポート番号が毎回異なるので、このままインターネットに公開することは困難ですが、その代わり、外部から攻撃することも難しいので、VertrigoServとか、XAMPPより安全ですね。

そのほかやってみて思ったこと

[Think IT] 第2回:Expression Studioは開発に使えるのか? (3/3) をみると、文字コードShift-JISで保存してしまうので使い物にならない、といわれていますが、ExpressionWeb2では、utf-8で保存してくれるし、変更も可能です。たぶんこれ、ExpressionWeb1の情報ですね。

ブレークポイントを貼ったり、変数ウォッチしたり出来るわけじゃないので、VisualStudioみたいな環境を期待していると物足りないかもしれません。どっちかというと、デザイナさんがちょっとページに埋め込んだPHPをデバッグしたり、HTML部分との調和を確認するための機能なのかもしれませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Expression WebをつかってWindows上でPHP開発

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/687

コメント(1)

あ、Expression Webをネタに取り上げていただき、ありがとうです。
うんと、開発に使えるのか?とかいう問題は、Version.1.0の場合BOMのせいで変になったということで。
Web 2からBOM対応になったというのも関係するかも?と思います。

すみません、そこのへん素人なので(逃

ちなみに、Web 2でのPHPファイルでは、デフォでBOM付けないで保存するようになってます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年1月20日 21:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Microsoft Expression Web 」です。

次のブログ記事は「 [wordpress]ページ階層をメニューにして出力するプラグイン 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type