Microsoft Expression Web

注:Expression といっても、エクスプレッションエンジンとは全然関係のない、マイクロソフトさんのツールの話です。


Webteko第四回で、wanichanという方と名刺交換させていただきました。マイクロソフト製品にめちゃめちゃ詳しい人に与えられるMVPの持ち主です。

で、そのwanichanさんから、マイクロソフト製のWEBページ製作ツール「Expression Web」というのを紹介していただきました。
わかりやすくいうと、ワードみたいな操作でちゃんとした(W3C規格に準拠した)HTMLとCSSを出力してくれるソフトウェアです。

マイクロソフトさんのHTMLというと、エクセルが出力するとんでもないHTMLが有名ですが、ExpressionWeb2は、もっと普通のHTMLとCSSを出力してくれます。
ExpressionWeb2が出力したHTML
styleタグは使っていますが、思った以上にマトモでしょ?もちろんstyleタグの部分はあとでスタイルシートに直すことが可能です。

規格違反のHTMLを書くと、警告も出してくれます。 ExpressionWeb2が出す警告の例

ブラウザで開くコマンドには、IEだけでなく、FirefoxやChromeも追加できるようになっています。 なぜかFirefox2を自動で追加してくれました。

複数のCSSファイルから定義を引っ張ってきてくれて、ドラッグドロップで整理できたり スタイルの管理
あと、GUIでmargin/paddingを調整できるのも嬉しいところです。 スタイルの追加


マイクロソフトOfficeとかAdobe製品とかIBMホームページビルダーなどの対象製品を持っていたら、アップグレード版12,800 円、だそうです。

「FireBugとHTML lintでいいじゃないか!」といわれたらその通りだし、実際ボクもまだ買ってないのですけど。でも、wordやexcelがまともなHTMLを出力してくれたらなぁ、と思っていたのはボクだけじゃないと思うし。
知っておいてもいいソフトじゃないかな、と思いました。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Microsoft Expression Web

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/686

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年1月20日 15:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 PHPでメール送信(webteko第四回) 」です。

次のブログ記事は「 Expression WebをつかってWindows上でPHP開発 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type