マンガ喫茶で仕事をする実験

ノートパソコン一台あればどこでも仕事の出来る身分なので、待ち合わせなんかの時は数時間早く着いて周辺の喫茶店で仕事をしたりします。日によって場所が変わるので、各地の電源のとれる喫茶店を教えてくれるバッテリーオアシスはたいへんありがたく使わせていただいています。

バッテリーオアシス -パソコンの電源が使えるカフェー

が。そうはいってもカフェというのはお茶を飲むためのところで、仕事をするためのところじゃないので、騒がしいお客さんがいたり、電源のある席がすでに占領されていたり、椅子が貧相で長い時間座っていられなかったり、いろいろと苦労がつきまといます。お店からしたら、コーヒー一杯100円で粘られてはたまったもんじゃないでしょうし。

長時間にてほしくないオーラのお店

だったらいっそ、長時間居座ることを前提にしているお店の方がいいんじゃないかな、ということで、マンガ喫茶を試してみました。

MEDIA CAFE お初天神

今回使ったのはMediaCafeというところ。

マンガがあるので、仕事にならんのじゃないかと思っていたのですが、ビジネスシートで個室に入ってしまえばマンガが見えないのであまり気になりません。
最近のマンガ喫茶は寝ることを前提としている^^;せいか、分煙もきっちりしているし、携帯電話すら使用禁止なので、喫茶店よりよほど静かです。
3時間1000円なら、悪くないかもなぁ、と思いました。


余談
 喫茶店やマクドナルドで仕事をした時のコーヒー代を経費につけると、税務署から「それって個人で飲食したお金でしょ?」とクレームがつくのだそうです。個人事業主の立場としては、電源を借りる名目としてコーヒー取ってるのですが、レシートにコーヒーと書いてある以上、電源代だと言ってもあんまり認めてもらえないみたいです。
 で、どうせやるのなら、場所にお金を払うマンガ喫茶の方がまだ経費として認められやすいと聞いたことがあります。そういう意味では、「ビジネスシート」と名のつく席を借りるのはなかなかいいのかも。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マンガ喫茶で仕事をする実験

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/698

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年2月10日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 スペイン語コメント 」です。

次のブログ記事は「 小さい"つ"が消えるマシーンJavaScriptバージョンつくりました 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type