[ruby]「嶽」の文字化け問題

Ruby1.8.6で「嶽」の字をtosjisでShift-JISに変換すると、なんだか意図しない文字(F7 D3 0A)に変換されてしまった。

require 'kconv'  

str="嶽"
print str.tosjis
(utf-8で保存して実行してね。)

Rubyist Magazine - 標準添付ライブラリ紹介 【第 3 回】 Kconv/NKF/Iconvによると、

>先述の Kconv#to* では変換元の文字コードを推測しているため、推測が外れていた場合は変換結果が文字化けしてしまいます。このような危険性を避けるため、変換元の文字コードが分かっている場合は、なるべく文字コードを明示的に指定するようにしましょう。
とのこと。
print str.kconv(Kconv::SJIS, Kconv::UTF8)
でちゃんと変換できた。

"嶽 文字化け"でググっても出てこなかったので、とりあえず記事にしておこう。
ちなみに、「佐渡ケ嶽部屋」もダメだった。「嶽」の字が鬼門らしい。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [ruby]「嶽」の文字化け問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/740

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年5月29日 07:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Google検索一位のサイトを列挙する 」です。

次のブログ記事は「 縦書きサイトのSEO 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type