.htaccessにAuthGroupFile書くのって意味あるの?

photo by fristle  開発中のサイトを内緒にしておくために、Basic認証とか、最近だとDigest認証を使う事って良くあると思うんだけど。これのやり方をググると、たいていこういう風に出てくる。
AuthUserFile /var/www/hogehoge/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user 
order deny,allow
ここで出てくる、AuthGroupFileって、意味あるのでしょうか?.htpasswdに書いたユーザー名でパスワード認証したいだけだったら、グループを認証する意味ってないですよね?

Apache2.0になって認証モジュールが細かく分かれたので、「AuthGroupFile /dev/null」の一行を消せば、authz_groupfile_moduleをロードしなくてよくなるから、多少でもメモリが節約できるはず。

Basic認証の時に「AuthGroupFile /dev/null」を書くのって、なんか意味があるのでしょうか?歴史的にはなんか意味があったけど今はもう意味がない、盲腸みたいなのだったりしません?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: .htaccessにAuthGroupFile書くのって意味あるの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/791

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年10月18日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 iPhone向けWEBアプリケーションを作ってみてわかったこと。 」です。

次のブログ記事は「 11月の予定 スマートフォン勉強会とwebteko 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type