iPhoneアプリ作成環境の比較

iPhoneアプリを作る10の方法 - もぎゃろぐを比較表にしてみた。
デザイナさん?iPhoneぽいUIネイティブUIカメラやファイルアクセスAppStore
HTML/CSS/JS可能×
jQTouch可能×
jQuery Mobile可能×
SenchaTouch難しいのでは×
PhoneGapまだマシ自前カメラなどごく一部
Flash(Packager for iPhone)ありうる
Titanium Mobileたぶん無理
MonoTouch無理
ObjectiveC無理

説明

デザイナさん?

 普段PC向けや携帯向けWEBサイトの制作をしているデザイナさんでも扱いきれるかどうか。もちろん、デザイナさんにもピンキリあって、C#をバリバリ書くデザイナさんがいないとは限らないんだけど、そんなのは(ry

iPhoneぽいUI

 ON/OFFがスライドするチェックボックスとか、右端に矢印のついたリストとか、そういうiPhoneぽい見た目のUIを実現する仕組みがあるかどうか。
iQueryMobileは、jQtouchと同じ仕組みでUIをつくってくれるんだけど、iPhoneではなくて、スマートフォン全般をターゲットにしたUIになるので、△にしてある。

ネイティブUI

 「iPhoneぽいUI」に近いんだけど、iOSが持っているネイティブのUIを使うかどうか。
jQTouchは、画像を使って頑張ってiPhoneぽい見た目を再現してくれるんだけど、同じものではないから、テキストボックスをタッチしたときに開くキーボードの種類とか、チェックボックスをタッチしたときの動きとか、微妙な部分ではどうしても普通のアプリとちょっと違う動きになってしまう。
この違いを埋めようとし始めるとものすごく大変な開発になってしまうから、そんなことをするくらいならネイティブUIを使える環境を選ぶべき。そういう事は気にしない、見た目が同じであればいい、ということであればjQTouchがお手軽で便利です。

カメラやファイルアクセス

カメラ機能や、iOSのファイルシステム上にファイルを保存するといったことができるか。
×になっている環境でも、例えばGPSとかsqliteデータベースは、HTML5の機能で使うことができる。でも、例えばデータベースに最初からデータを入れておきたいとか、カメラで撮影した写真をサーバに上げたいといった機能を実現するためには、ここが◯になっている環境である必要がある。
Packager for iPhoneは、原理的にはカメラだって使えていいはずなんだけど、この記事を書いた時点ではまだ対応出来ていない

AppStore

作ったアプリをAppStoreで販売してもらうことができるかどうか。 AppStoreで販売できないのはひとつの弱点だけど、AppStoreに登録するためにはAppleの審査が必要だったり、バージョンアップに時間がかかったりしてしまうので、場合によっては、ブラウザで動かせる他の環境を使って気軽にユーザーさんに使ってもらうという選択肢もアリだと思います。
カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhoneアプリ作成環境の比較

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/1117

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2011年1月19日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Re^2: Twitter oAuth Implementation for Titanium Mobile 」です。

次のブログ記事は「 OAuth認証してツイートしてタイムラインを取得できるiPhoneアプリを10分で 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type