OAuth認証してツイートしてタイムラインを取得できるiPhoneアプリを10分で

TwitterのOAuth認証してつぶやいてタイムラインを取得できるiPhoneアプリを10分で作るというのを、昨日のスマートフォン勉強会@関西#13で実演してきました。

真っ白な状態のアプリに、OAuth認証を導入して、TextAreaで自由につぶやけるようにして、タイムラインを取得して表示するところまでで9:21。
動画の下、360pの左にあるCCボタンを押すと、解説が出るようになります。

先日公開したoAuthAdapter修正版を取り込んだtm_twitter_apiというのを使っています。

あと、補完機能は、emacsとAuto Complete Modeに自作の辞書を組み合わせたもの。10分で作る動画の場合、タイプミスしてビルドエラーが出ると撮り直しなので、補完機能はとても便利ですね。

コード:gist: 802605 - 10min twitter client- GitHub
USteram録画:古川大輔(mogya)「10分で作るtwitterクライアント」 スマートフォン勉強会関西#13

(2011-02-04 追記) emacs autocompleteの辞書は、k1LoW/emacs-titanium - GitHubにあります。自分は、これを元にgist: 810559 - emacs titanium dictionary- GitHubを作って使っていました。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: OAuth認証してツイートしてタイムラインを取得できるiPhoneアプリを10分で

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/1126

コメント(1)

exilis :

oauth-adapterの問題ですがandroidで動作しなかったので修正パッチ作りました。http://www.exilis.org/?p=117 実機がないのでandroidエミュレーター上でしか動作確認していませんが、とりあえず動くようですのでお役に立つかどうか分かりませんがどうぞ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2011年1月30日 14:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 iPhoneアプリ作成環境の比較 」です。

次のブログ記事は「 任意の書類をShotNoteで取り込めるクリアファイル 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type