「Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ」

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ 索引

日本初のTitanium Mobile本「Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer) 」が届きました。
titanium-mobile-doc-jaを主催されている@donayamaさんの本ということで、中身を見るまでもなくAmazonで予約注文したのですけど、期待を裏切らない出来上がりです。

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer)

Titanium Mobileで何がめんどくさいかといえば、iPhoneとAndroid両方で動くことを念頭に置くと、あっちで動くものがこっちで動かない、こっちで動くものはあっちで動かない、となることです。
Appcelerator社のエバンジェリストになった増井さんですら、「感覚的にはソースコードの7~8割を共有し、2~3割を対象のOSごとにチューニングしていくようなイメージになる」と 言われているくらいなので、そもそも両方で動くものを書こうとするのが間違いなのですけど、書籍や記事のサンプルコードなどは出来れば一個ですませたいですし、分けるにしたって、どこまでが共通で動いてどこからを分けるかを考える時点でかなりめんどくさかったりするのです。

ということで、「めんどくさいからサンプルはiPhoneのみ対応、Androidについては最後に一章もうけて説明するだけ」とかでも仕方ないのかな、と思っていたのですが、中身を見ると、最初から最後までちゃんと両対応で書かれています。
もちろん、iPhoneとAndroidは別のOSなので、片方でしか動かない機能や、片方だけでやる必要のある作業もあるのですけど、それについては一目で分かるマークをつけて解説されていました。
これだけの量のサンプルを、iPhoneとAndroid両方で動くようにチェックするのは相当の手間だったはず。でも、Androidのアプリを開発したい人にしてみれば、iPhoneのおまけみたいに扱われたら残念な気持ちになってしまいますから、これはとても良いことだと思います。

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ「Androidのみ」

twitterアプリの章では、拙作「tm_twitter_api」を使った例も紹介されています。 つい先日Androidにも対応したのですが、書籍を書かれた時点ではまだリリースされていなかったため、書籍では、donayamaさん自身がパッチを当てたサイトへのリンクが紹介されていました。
そんな状態なのに、作者として「古川大輔氏」と名前を載せていただいていて、なんだか申し訳ないくらいです。

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ 古川大輔氏

おまけとして、TitaniumMobileの簡易日本語APIリファレンスもついていて、これからTitanium Mobileを触ってみる方には大変お買い得だと思いますので、まだの方はぜひどうぞ。

カテゴリ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/1189

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2011年6月12日 22:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Ti.includeの不具合が1.7で修正される模様 」です。

次のブログ記事は「 [titanium]Basic認証を通す 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type