[Titanium] iPhoneでAdMaker広告を掲載

Titaniumで作ったiPhoneアプリに広告を出す場合、モジュールが簡単に手に入るAdMobが人気ですが、AdMaker(MediaAd)は使えないの?という声も多いみたいです。やってみたら簡単に出来たので、やり方をまとめてみます。

モジュールを使う

下記を落としてきます。
tryden/TiAdMaker - GitHub

titanium.xcconfigを開くと、TitaniumSDKのバージョンが定義されているので、これを自分の好みのものに書き換えます。1.6.1はちょっと微妙ですね。
titanium.xcconfig.png

で、build.pyを走らせるとモジュールが出来上がります。
build.png build2.png

出来上がったモジュールを解凍して、新しいプロジェクトにこんな感じで配置。
module-1.png

example/app.jsにサンプルがあるので、まずはこれを動かしてみるのがいいんじゃないかと思います。

app.js-1.png

AD_URL、SITE_ID、ZONE_IDはAdMakerでメディアを作るともらえます。
medibaad-1.png

というわけで起動してみるとこんな感じ。
sample1.png

めでたしめでたし。

webviewを使う方法

 ちなみに、AdMakerの公式サイトでは、こんなふうに案内されています。

TitaniumへSDKを実装できません。どうすればいいですか?
SDKでの対応はしておりません。
Web Viewを作って頂き、そこにJavaScriptタグを実装して頂くことで表示して頂くことも可能です。
(よくあるご質問|スマートフォン広告なら「mediba ad」|iPhone、Androidアプリ・サイト広告)

JavaScriptと空っぽのbodyタグを書いたHTMLを用意してwebviewで開いたところ、広告はちゃんと表示されたのですけど、クリックしたあとの広告もwebviewの中で開いて、どうしてくれようかという感じになりました(当たり前ですね)。
webviewのイベントをハンドリングしてあれこれという手も考えられるのですが、あんまりやると広告に手を入れているように見えてしまうことが懸念されます。モジュールが動くのだったら、そのほうがいいんじゃないかな、と思います。

P.S: Android用はこちら。
titanium の AdMaker モジュール作ってみました(Android用) #titaniumjp - harukazepcの日記

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [Titanium] iPhoneでAdMaker広告を掲載

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/1296

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2011年10月15日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 ノマドワーキングを2ヶ月続けてみて気づいた一つの法則 」です。

次のブログ記事は「 [PHPMatsuri]Titanium大賞をいただきました 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type