2012年1月アーカイブ

ヨメから、「Windowsで中国語テキストの読み上げをできないか」とのご要望をいただいたので、「昔そんなことやったなぁ」と思いながら調べた内容まとめ。普通の読者の方は日本語読み上げだと思いますけど、だいたい同じ手順で出来ます。

手順の概要

 Windowsには、音声合成(SAPI)という機能が搭載されています。これをつかうと、Excelや、Vectorでダウンロードできる各種SAPI対応アプリケーションでテキストを読み上げさせることができます。
 ※なんでWordじゃないのかは謎。
 ただし、Windows7のProfessional程度では英語のランタイムしか搭載されていないので、日本語や中国語を読み上げるためには別途ランタイムが必要。このランタイムがどうも無料で手にはいらないっぽい。UltimateのDVDに入っているという噂。
 一方、SAPIとほとんど同じ機能なんだけど微妙に異なるぽいSpeech Platform Server Runtimeというのがあって、これは各言語ランタイムが無料で配布されている。そして、Speech Platform Server RuntimeをSAPIとして認識させちゃう裏技があるので、これを使えばExcelでテキストを読み上げさせることが出来る!

Microsoft Speech Platformとランタイムのインストール

Download: Microsoft Speech Platform - Runtime (Version 11) - Microsoft Download Center - Download Detailsから、自分の環境にあったSpeechPlatformRuntime.msiをダウンロードしてインストール。Windows7 64bit版の人はx64_SpeechPlatformRuntime、32bit版の人はx86_SpeechPlatformRuntime。「わかんない」というような人はきっと32bit版です。
Microsoft Speech Platformのダウンロード

Download: Microsoft Speech Platform - Runtime Languages (Version 11) - Microsoft Download Center - Download Details から、必要な言語のTTSランタイムをインストール
 ※「zh」とか「ja」で検索すれば見つかる。
 ※「MSSpeech_SR」で始まるのは音声認識用ランタイム、「MSSpeech_TTS_」で始まるのが音声合成用ランタイム。今回必要なのは音声合成用ランタイムなので、間違えないように注意。
音声合成用ランタイムのダウンロード

Speech Platform Server RuntimeをSAPIとして認識させる

スタート > すべてのプログラム > アクセサリ > コマンドプロンプトを右クリックして、「管理者として実行」。権限昇格のために管理者パスワードを要求させるので入力。開いたコマンドプロンプトで、下記を実行する。

reg COPY "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech Server\v11.0\Voices\Tokens" HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens /s /f
 ※または、レジストリエディタを立ち上げて、図のようにコピーしてもよい。 レジストリをコピー

音声合成(SAPI)の言語を変更

 「コントロール パネル > すべてのコントロール パネル項目 > 音声認識 > 音声合成」を開いて「音声の選択」で適切な言語を選ぶ。
 ※ここまでの手順が失敗しているとMicrosoftAnnaしか出てこない。その時はおやつでも食べて考え直す。

Excelで読み上げ

 読み上げコマンドが表示されない - Word - Office.comを参考に、読み上げコマンドを表示させる。
Excelのセルに適当な文章を入力して、読み上げボタンを押すと読み上げられる。
ボタンはここ

謝辞

キーとなったレジストリの変更のアイデアを初め、だいたいのアイデアは下記が出所です。このブログ記事は、下記を元に、最近の環境で実行できるようにまとめ直しました。
日本語や中国語等の音声合成(SAPI TTS)を無料で使う方法(Speech Platform Server Runtimeを裏技で SAPI 5.1として動作させる方法)


sxchu_1362335_sleep.jpg

あけましておめでとうございます。初日の出は見に行ったけれど、正月とかあまり気にせず元日からコードを書いています。

さて、お正月にちなんで、ひたすら寝ているプログラムsleepUntilというのを書いてみました。sleepじゃなくてsleepUntilなので、指定した時刻までただ寝ているプログラムです。

sleepUntil (mogya's gist: 1550431 -- Gist)

なんに使うかといいますと、プログラムを夜中に走らせるために使います。
スクレイピングは人が活動していない時間帯に走らせるのが基本なので、夜中1時スタートというのが普通です。これまでは、時計を睨みながらsleep 3000; とかしていたのですけれど、そんな計算は自分でしてくれるプログラムがsleepUntilというわけです。

$ sleepUntil "1:00"
って書けば、sleepUntilは起動と同時に眠りについて、夜中一時に(起きて即座に)終了します。
$ sleepUntil "1:00";(夜中に走らせたいコマンド)
という具合にしておけば、sleepUntilが深夜一時に終了したあと、(夜中に走らせたいコマンド)が実行されます。実質的に、夜中一時に該当プログラムを起動するようなことができるわけです。

cronでいいじゃないかと言われたらそのとおりなのですけど、一回しか実行しないようなものをcronに書くのはなんだか気がひけるのです。 実行環境が違うとかそういうことも気にしなくていいですし。

時刻のパースはTime.parseに丸投げです。パースしてみて過去の時刻になったときは翌日の時刻に読み替えるようになっています。



このアーカイブについて

このページには、 2012年1月 に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは 2011年12月 です。

次のアーカイブは 2012年2月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type