WEBページの内容を一時的に書き換えるテクニック

この記事は、以前書いた「不要なところは削除してやりたい放題できる『編集』 - もぎゃろぐ」の再掲です。需要はあると思うのになぜか広まらないのでもう一回書いてみる!

WEBサイトをキャプチャするとき、微妙に都合の悪い要素を削りたい時ってあるじゃないですか。広告とか、ユーザーさんのお名前を伏せ字にするとか。普通そういう処理は画像編集ソフトでやるのですけど、めんどくさいじゃないですか。動画とかそう簡単じゃないし。
そういう時、ブラウザで見ているページの中身を一時的に書き換えることができます。

編集

このリンクを右クリックして「お気に入りに追加」します。
alert.JPG

こういう警告が出ます。警告の内容は書いてある通りなので、信用できる方だけ「はい」を押してください。


先ほどのように、編集したいページに行ったら、そこでお気に入りから「編集」を選ぶと、WEBページにカーソルが出てきます。
Cursor_and_仕事管理___Any_Times・エニタイムズ.png
任意の箇所を変更することが出来ます。
Cursor_and_仕事管理___Any_Times・エニタイムズ 2.png
余計なところを削除したりできるのが、撮影の時に嬉しいです。
仕事管理___Any_Times・エニタイムズ 2.png
撮影に邪魔なカーソルは、どこか画面に映らない場所に移動させておきます。
あと、書き換えた画面は、もう一度ページを読み込み直すと元に戻ります。
カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: WEBページの内容を一時的に書き換えるテクニック

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/1729

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2015年1月14日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 sssslideをモバイルで使う 」です。

次のブログ記事は「 GoogleグループでDocsの権限を管理する 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type