もぎゃ: 2007年7月アーカイブ

ブレインストーミングをうまくやるためのカードゲーム、ブレスターというのを会社で試しています。 おおよそ宣伝文句どおりの製品で、これを使うと通常よりたくさんのアイデアを出すことができます。 ところがこのゲーム、アイデアを出すのはいいのですが、そこからいいアイデアを刈り取る方法についてはあまりサポートしてくれていなくて、毎回ここで苦労します。 たくさんアイデアが出るということは、正直くだらないものとか、致命的な欠陥があって却下するしかないものも当然ふくまれているので、これをどうにかしないといけないわけです。 最初のころは、ダメなものをはずすようにしていました。明らかにまずそうなものについて、理由を説明しながら消していって、ある程度数が残ったところで採用案を探す、という方法です。 ところがこれをやってしまうと、次回以降のブレストで、「あの時こんな理由で却下されたからな...」という理由で、アイデアを出すときに心理的ブレーキがかかってしまいます。 ブレスターを使うと、そんなアイデアもある程度引っ張り出してくれるのですが、そうはいってもやはり、アイデアが出にくくなってしまうようなことは避けたいものです。 というわけで、ダメなアイデアを却下するのではなくて、いいと思うものをいくつか抜き出して、そのなかからベスト案を決める、という方法に切り替えました。 この方法だと、却下されたアイデアについてダメな理由を説明されないので、次回からも気にせずアイデアを出すことができます。 何かを指導するときには、ダメな理由を教えてもらえないと話にならないですが、ブレインストーミングに関してはそんなことないですよね! で。 >> 悪いものをけなすことに貴重な時間を費やさない。 << (結城浩のはてな日記「批評の心がけ」) というのも、おそらく同じことではないのかな、と。 >> 自分が「それはおかしいだろう!」と思った場合、どうにかしてそのことを伝えたい、と思って、いかにその記事がおかしいか、一生懸命説明しようとしてしまいます。 けれどもそれって、たぶんもう一回くらい反論を受けて再度言い返さないといけないし、そのための理論構成とかを考えるのも、結構大変です。 それだったらいっそ「悪いものをけなすことに貴重な時間を費やさない」と一言つぶやいてスルーして、いいものを作ったり、紹介することにエネルギーを注いだ方がいいんじゃないのかな、と最近思っています。 <<


>> なんとなくはわかるのだけど、この、前に:のついた書き方って何なのでしょう? わかっていなくても話が前に進むのがちょっと気持ち悪い。 <<  こんなこともあろうかともう一冊、定評のある本を買っておきました。 [asin:4798013951:detail] P.18 >> Ruby入門初心者が最初に戸惑うのが、":"コロンで始まる表記のsymbolかも知れません。 : この":"コロンで始まる表記は「シンボル」と呼ばれるオブジェクトです。正確に言うと「symbolクラスのインスタンスを表現するシンボルリテラル」で、文字列と同じように文字情報を表現しています。違いは、先ほどのStringは自分自身の値を変更可能でしたが、Symbolは値を変更できないという点です。 <<  なるほど。確かにこれ、いい本ですね。挿絵が読みにくいのを何とかしていただきたかったのですけど。 -Rubyリファレンスマニュアル - Symbol -Lost-Season: Rubyのシンボル


すっごいいまさらですが、railsの勉強をする必要ができたので、日記をつけることにします。 教科書はこちら。 [rakuten:book:11875045:detail] 実況中継形式だったので、実際にやってみるのが早いか、と思いました。 *p1*インストール FreeBSDの環境はあるのですが、まあ手元にあった方が何かと便利だと思いますので、Windowsに入れます。 [[RubyInstaller:http://rubyinstaller.rubyforge.org/wiki/wiki.pl]]からruby186-25.exeをインストール。 RubyGemsを入れようと思ったのだけれど、RubyInstallerでインストールされたみたいだったので、そのまま行きます。 >> C:\WINDOWS\system32>sqlite3.exe SQLite version 3.4.0 Enter ".help" for instructions sqlite> exit ...> ; SQL error: near "exit": syntax error sqlite> .exit C:\WINDOWS\system32>sqlite3.exe -v sqlite3.exe: unknown option: -v Use -help for a list of options. C:\WINDOWS\system32>sqlite3.exe --version 3.4.0 C:\WINDOWS\system32>gem install sqlite3-ruby Select which gem to install for your platform (i386-mswin32) 1. sqlite3-ruby 1.2.1 (mswin32) 2. sqlite3-ruby 1.2.1 (ruby) 3. sqlite3-ruby 1.2.0 (mswin32) 4. sqlite3-ruby 1.2.0 (ruby) 5. Skip this gem 6. Cancel installation > 1 Successfully installed sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32 Installing ri documentation for sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32... Installing RDoc documentation for sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32... E:\tmp>gem install rails --include-dependencies --version 1.1.2 Need to update 21 gems from http://gems.rubyforge.org ..................... complete Successfully installed rails-1.1.2 Successfully installed activesupport-1.3.1 Successfully installed activerecord-1.14.2 Successfully installed actionpack-1.12.1 Successfully installed actionmailer-1.2.1 Successfully installed actionwebservice-1.1.2 Installing ri documentation for activesupport-1.3.1... While generating documentation for activesupport-1.3.1 ... MESSAGE: Unhandled special: Special: type=17, text="" ... RDOC args: --ri --op D:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/doc/activesupport-1.3.1/ri --quiet lib (continuing with the rest of the installation) Installing ri documentation for activerecord-1.14.2... Installing ri documentation for actionpack-1.12.1... While generating documentation for actionpack-1.12.1 ... MESSAGE: Unhandled special: Special: type=17, text="" ... RDOC args: --ri --op D:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/doc/actionpack-1.12.1/ri --quiet lib (continuing with the rest of the installation) Installing ri documentation for actionmailer-1.2.1... Installing ri documentation for actionwebservice-1.1.2... Installing RDoc documentation for activesupport-1.3.1... Installing RDoc documentation for activerecord-1.14.2... Installing RDoc documentation for actionpack-1.12.1... Installing RDoc documentation for actionmailer-1.2.1... Installing RDoc documentation for actionwebservice-1.1.2... << インストール作業完了。ここまでは簡単。sqliteはRuby&DBIで動かそうとしてえらい苦労した記憶があるので、そこがちょっとだけ不安なのですが。 *p2*プロジェクトの作成 >> C:\WINDOWS\system32>cd E:\tmp C:\WINDOWS\system32>e: E:\tmp>mkdir schduler E:\tmp>cd schduler E:\tmp\schduler>cd ../ E:\tmp>rmdir schduler E:\tmp>rails scheduler --database=sqlite3 create create app/controllers create app/helpers create app/models create app/views/layouts create config/environments create components create db create doc create lib create lib/tasks create log create public/images create public/javascripts create public/stylesheets create script/performance create script/process create test/fixtures create test/functional create test/integration create test/mocks/development create test/mocks/test create test/unit create vendor create vendor/plugins create tmp/sessions create tmp/sockets create tmp/cache create tmp/pids create Rakefile create README create app/controllers/application.rb create app/helpers/application_helper.rb create test/test_helper.rb create config/database.yml create config/routes.rb create public/.htaccess create config/boot.rb create config/environment.rb create config/environments/production.rb create config/environments/development.rb create config/environments/test.rb create script/about create script/breakpointer create script/console create script/destroy create script/generate create script/performance/benchmarker create script/performance/profiler create script/process/reaper create script/process/spawner create script/process/inspector create script/runner create script/server create script/plugin create public/dispatch.rb create public/dispatch.cgi create public/dispatch.fcgi create public/404.html create public/500.html create public/index.html create public/favicon.ico create public/robots.txt create public/images/rails.png create public/javascripts/prototype.js create public/javascripts/effects.js create public/javascripts/dragdrop.js create public/javascripts/controls.js create public/javascripts/application.js create doc/README_FOR_APP create log/server.log create log/production.log create log/development.log create log/test.log E:\tmp>cd scheduler << プロジェクトのディレクトリは勝手に作ってくれるので、E:\tmp\schedulerとか作る必要はない。 >> E:\tmp\scheduler>dir ドライブ E のボリューム ラベルは ローカル ディスク です ボリューム シリアル番号は D048-737D です E:\tmp\scheduler のディレクトリ 2007/07/20 08:44 . 2007/07/20 08:44 .. 2007/07/20 08:44 app 2007/07/20 08:44 components 2007/07/20 08:44 config 2007/07/20 08:44 db 2007/07/20 08:44 doc 2007/07/20 08:44 lib 2007/07/20 08:44 log 2007/07/20 08:44 public 2007/07/20 08:44 307 Rakefile 2007/07/20 08:44 8,001 README 2007/07/20 08:44 script 2007/07/20 08:44 test 2007/07/20 08:44 tmp 2007/07/20 08:44 vendor 2 個のファイル 8,308 バイト 14 個のディレクトリ 24,802,045,952 バイトの空き領域 E:\tmp\scheduler>take -T 'take' は、内部コマンドまたは外部コマンド、 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。 E:\tmp\scheduler>rake -T (in E:/tmp/scheduler) rake db:fixtures:load # Load fixtures into the current environment's d tabase. Load specific fixtures using FIXTURES=x,y rake db:migrate # Migrate the database through scripts in db/mig ate. Target specific version with VERSION=x rake db:schema:dump # Create a db/schema.rb file that can be portabl used against any DB supported by AR rake db:schema:load # Load a schema.rb file into the database rake db:sessions:clear # Clear the sessions table rake db:sessions:create # Creates a sessions table for use with CGI::Ses ion::ActiveRecordStore rake db:structure:dump # Dump the database structure to a SQL file rake db:test:clone # Recreate the test database from the current en ironment's database schema rake db:test:clone_structure # Recreate the test databases from the developme t structure rake db:test:prepare # Prepare the test database and load the schema rake db:test:purge # Empty the test database rake doc:app # Build the app HTML Files rake doc:clobber_app # Remove rdoc products rake doc:clobber_plugins # Remove plugin documentation rake doc:clobber_rails # Remove rdoc products rake doc:plugins # Generate documation for all installed plugins rake doc:rails # Build the rails HTML Files rake doc:reapp # Force a rebuild of the RDOC files rake doc:rerails # Force a rebuild of the RDOC files rake log:clear # Truncates all *.log files in log/ to zero byte rake rails:freeze:edge # Lock to latest Edge Rails or a specific revisi n with REVISION=X (ex: REVISION=4021) or a tag with TAG=Y (ex: TAG=rel_1-1-0) rake rails:freeze:gems # Lock this application to the current gems (by npacking them into vendor/rails) rake rails:unfreeze # Unlock this application from freeze of gems or edge and return to a fluid use of system gems rake rails:update # Update both configs, scripts and public/javasc ipts from Rails rake rails:update:configs # Update config/boot.rb from your current rails nstall rake rails:update:javascripts # Update your javascripts from your current rail install rake rails:update:scripts # Add new scripts to the application script/ dir ctory rake stats # Report code statistics (KLOCs, etc) from the a plication rake test # Test all units and functionals rake test:functionals # Run the functional tests in test/functional rake test:integration # Run the integration tests in test/integration rake test:plugins # Run the plugin tests in vendor/plugins/**/test (or specify with PLUGIN=name) rake test:recent # Test recent changes rake test:uncommitted # Test changes since last checkin (only Subversi n) rake test:units # Run the unit tests in test/unit rake tmp:cache:clear # Clears all files and directories in tmp/cache rake tmp:clear # Clear session, cache, and socket files from tm / rake tmp:create # Creates tmp directories for sessions, cache, a d sockets rake tmp:pids:clear # Clears all files in tmp/pids rake tmp:sessions:clear # Clears all files in tmp/sessions rake tmp:sockets:clear # Clears all files in tmp/sockets E:\tmp\scheduler>ruby script\generate migration create_schedules create db/migrate create db/migrate/001_create_schedules.rb << で、E:\tmp\scheduler\db\migrate\001_create_schedules.rbにDB定義を作成する。 >> class CreateSchedules < ActiveRecord::Migration def self.up create_table(:schedules) do |table| table.column(:datatime, :timestamp) table.column(:title, :string) table.column(:content, :text) end end def self.down drop_table(:schedules) end end <<  なんとなくはわかるのだけど、この、前に:のついた書き方って何なのでしょう? わかっていなくても話が前に進むのがちょっと気持ち悪い。 >> E:\tmp\scheduler>rake db:migrate --trace (in E:/tmp/scheduler) E:0:Warning: require_gem is obsolete. Use gem instead. ** Invoke db:migrate (first_time) ** Invoke environment (first_time) ** Execute environment ** Execute db:migrate == CreateSchedules: migrating ================================================= -- create_table(:schedules) -> 0.0600s == CreateSchedules: migrated (0.0600s) ======================================== ** Invoke db:schema:dump (first_time) ** Invoke environment ** Execute db:schema:dump << でもDBはできてしまう。SQLite_Database_Browserで覗いたら、ちゃんとできていました。 一日目、終わり。


[rakuten:book:12071774:detail]  「オタクのカリスマ」「オタクの教祖」として有名な岡田斗司夫さんが、 「なんで世界征服なんかしたいんでしょうね?」 「そんな面倒なことせずに、高度な科学力で自分らだけ楽しい暮らしすればいいはずなのに...」 という、アニメ関係者が決して考えてはならない疑問を突き詰める本です。 とりあえず、仮面ライダーのショッカーや、北斗の拳の聖帝サウザーなど典型的な世界征服をたくらんだ人について、厳しいつっこみ。 「改造人間を作る技術があったら、その技術でお金を稼いで上院議員を買収した方が早いんじゃないの?」 「なんでお墓を作るのに子供に強制労働させるの?子供を人質に大人を使った方が早くない?」 そういうつっこみで一通り既存の世界征服を否定した後、現実的な世界征服について考察します。
目的設定 人材確保 資金の調達と設備投資 ....
 それ、まるっきりビジネスやん! まあ、本当にやろうとしたらそういうところから始めないといけないのだとは思いますが、夢のなさがおもしろすぎです。 [rakuten:book:11175202:detail] 空想科学読本に近いノリですね。 にもかかわらず、 >> ネット社会によってどんどん情報が共有化されると、階級社会そのものが成り立たなくなった。すごい秘密の、上流階級しか行かないはずの温泉があったとしても、それは一泊五十万円という値段がついて、ネットで予約が取れて、誰でもいける場所になってしまう。ただ単にお金の問題になる。そういう「経済主義とネット」が、私たちの社会から階級をなくしてしまったわけです。 << という鋭い指摘に持っていく手法は見事なものだと思います。 別に教訓を見出さなくても十分に面白いと思うので、よければ一度お試しくださいませ。


*p1*Re:プロジェクトの始まりはTracから masuidrive on rails » Blog Archive » masuidrive的プロジェクトの方針 masuidrive on rails » Blog Archive » プロジェクトの始まりはTracから  まともに管理ツールとしてTracを使ったことがなかったので、実際に使っている方のお話はとても参考になります。どうもありがとうございます。 >コマンドも含め全てのファイルはSubversionで管理 以前からやろうと思いつつ、実現できていないところです。 Apacheそのほかの設定ファイルも全部subversionにつっこんで管理すれば、「なんかわからないけど壊れた」という事態のとき、ロールバックできてとても幸せですよね。 疑問なのは、全部のファイルを1モジュールにぶっこむのでしょうか?1コマンド1モジュール? 前者だと取ってくる人がエライことになるので、後者かと思うのですが。そうするとものすごい数のモジュールを登録することになりますよね。構わないのかなぁ。 あと、適当に名前をつけているとあとで何物かわからないモジュールがたくさんでてきそう。 コマンド名=モジュール、忘れて困らないようなコマンドならそのまま忘れてしまえっ!ということなのかも。 このあたりも説明していただけるととてもうれしいです。


エンジニア交流勉強会「gungi」というのに行ってきました。 実況部屋が用意されていたので、がんばって実況中継してきました。無線LAN+チャット付きというのは、楽しかったです。 そして、飲み会でキャズムを超えろ!の人にiPhoneさわらせていただきました。いやぁ、眼福♪ 遊んでいただいたみなさま、どうもありがとうございました。


*p1*経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには jkondoの日記 - 社員どうしでボーナスを計算するという話にたいして、「それだと、自分の評価が最低にならないようにするために、自分よりできなさそうな人を意図的に会社に引き入れるインセンティブが発生しちゃうんじゃないか」というようなブログがあったと思うのだけど、どこ行きましたっけ。 で。まさにそういう話題が経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには で扱われていました。 (via Passion For The Future: 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには) >> 選考に当たる教授は、採用した新任教員の能力が自分より高いことが後になって判明すると、自分の方が任期が切れた段階で更新されず、新任教員と置き換えられてしまうのではないかと懸念する。そのため、採用に当たってあえて正確な判断を下さず、自分より能力が劣っているとわかっている候補者を推薦する。採用後能力が低いことが判明したこの新任教員は任期切れで解雇される一方、採用を担当した現職教授は再任されることになる。このようなことが生じるとその組織の生産性は低下していくことになる。 << 大学の教員採用や雇用制度をどういうふうにすべきか、という話の下りです。 終身雇用でないので自分の評価が低くなると立場が苦しい、という点では一致するんじゃないかと思います。新人を採用/推薦する権利があるかどうかは知らないですが。 で、こういう現象にたいしてどうすればいいか、この本によりますと >> 専門能力の評価を行える人が現職教授しかいない状況において、財務的理由で、終身雇用の教授ポストを削減する必要が生じた際には、ある組織の中で能力の劣った教授から解雇するよりも、その組織そのものを解散させることが望ましい。もし、能力の低い順に解雇するという制度を作っておいたとすれば、あらかじめ能力の低い人を採用しておき、自分が最後に解雇されるという余地を残しておくことが現職教授の合理的な戦略になる。これに対し、人員削減が必要になった場合には、組織を解散するという原則にしておけば、組織が解散されないように優秀な教員を採用するようなインセンティブが働くのである。 << つまり、カンパニー制というか、小さなプロジェクトをいっぱい作る制ですね。 あれ。同じ結論に達してしまった。 >> プロジェクト単位でメンバがシャッフルされるような環境じゃないと、社員同士が評価し合う360度評価ってうまくいかない気がするんですよね。 << (U.gEn.FujitsU++ - はてなの360度の人事評価) *p2*現代の中産階級 ふと思いついた話。 アルスラーン戦記に、「自作農を増やし、中産階級を増やす」ことで豊かな国を実現した、という話があったはず。 すぐ出てこないけど、歴史的にこれって実在した話のはずで。戦後の農地改革だっけ。 土地を独占してたくさんの農民を働かせていた地主 を現代に置き換えると、 →仕事?収入源?を独占してたくさんのサラリーマンを働かせていた経営者 なのでは。そうすると、サラリーマンを解放して自営業者とか、インディペンデントコンストラクターを増やす、ことが正解なのでは。


このアーカイブについて

このページには、 もぎゃ < /strong>が 2007年7月 に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは もぎゃ: 2007年4月 です。

次のアーカイブは もぎゃ: 2007年8月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type