もぎゃ: 2013年6月アーカイブ

6月17日(月) Evernote Devcup Workshop "世界に伝わる製品紹介ビデオの作り方"で聞いてきた内容のメモ。

概論

*「何を伝えたいのか」が重要

*「説明書」を作らない

  • 全部の機能を順番に説明して「で、何?」ってなる動画のこと
  • 技術から発想したアプリが陥りやすい
  • 「どういう問題があって、それをどう解決するのか」を伝える

*動画の長さ

  • 経験的に、1分半を超えると離脱率が上昇する
    • これを超える動画は何らかの形でユーザーを飽きさせない工夫が必要。男性向けだったら女の子を出すとかw
  • 短いほうが簡単に思えるかもしれないけど、短くするほうが難しい。
    • 「何を伝えたいのか」がちゃんと決まっていないと短くできない
    • テレビCM:15秒の動画がどれだけ難しいか。

*どんな動画がいいか困ったら?

  • 似たようなサービスの動画をみてみる
  • MOVAAA!!(モバー)というサービスがあるよ!

動画の要素

*開発者がカメラの前に立って話す

  • 一番簡単で、言いたいことも結構伝わる
  • 注意事項:冒頭で挨拶とか自己紹介をしない。そんなことは見ている人にとってどうでもいい

*iPhoneやPCのキャプチャ

*実写

  • 冒頭と最後に人を映すと印象的な動画になる。画面キャプチャだけの動画は、審査員にとって全部一緒に見えてしまう。
  • 人物が歩いてきてiphoneで何かする程度なら、意外と撮れる
  • 権利関係注意(人の顔や広告物はぼかしておかないと、ツッコミが入った時、動画を削除せざるを得なくなる)

*テロップ

  • 要所に入れるとインパクトが強くなる
  • iMovieでも出来るよ

*BGM

*ナレーション

*効果音

*以下、プロじゃないとたぶん無理な内容

  • 実写とアニメの合成
  • アニメーション
    • Gmail Priority Inbox - YouTube
      (簡単そうに見えるけど「僕もこれは作れないですね」「企画を相当練られてます」)
  • タイムラプス(静止画をひたすら撮って動画にする)
  • インフォグラフィックス
  • 音楽の編集
    • テンポのいい曲はズレが目立つので、編集できない素人には難しい。BGM的な音楽がオススメ

ぶっちゃけプロに頼むといくらかかるの?

  • MOBERCIAL(モバーシャル)の中の人の実例と内心
    • 五万円(今回のイベント参加者から五組限定出血価格!)
    • 数十万円(ベンチャー支援的な気持ちで制作した)
    • 数百万円代前半(クライアントの社員が出演したりして制作費を抑えてこれくらい)
    • 数百万円代後半(出演者も調達するとこれくらいになる)
  • 実際にはもっとナマナマしく、あの会社のこの動画がいくら位、とか聞いたのですけど、もちろんオフレコw


このアーカイブについて

このページには、 もぎゃ < /strong>が 2013年6月 に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは もぎゃ: 2013年5月 です。

次のアーカイブは もぎゃ: 2013年8月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type