作ったもの: 2011年6月アーカイブ

sxchu_1087539_11462380_friends.jpg TitaniumMobileでTwitterを扱うときに便利なtm_twitter_apiの新バージョンを公開しました。
mogya/tm_twitter_api - GitHub
  • Androidでも動くようになりました!
  • twitterのUIが変わって動かなくなっていたので、新しいUIで動くようにしました
いずれも他の方が書いたパッチを取り込んだものです。オープンソースって素晴らしいですね。

使い方

Ti.include("lib/twitter_api.js");
//initialization
Ti.App.twitterApi = new TwitterApi({
    consumerKey:'YOUR CONSUMER KEY of twitter API',
    consumerSecret:'YOUR SECRET of twitter API'
});
var twitterApi = Ti.App.twitterApi;
twitterApi.init(); 

こんな感じで初期化します。CONSUMER KEYとSECRETは、Twitterの開発者ページでアプリ登録したときにもらえるものです。
twitter_app_page.png

twitterApi.init(); を初めて呼び出したときは、ユーザーさんにOAuthのための画面が掲示されます。ユーザーさんがアカウント名とパスワードを入れると、TwitterがPINコードというのを返してきますが、これはtm_twitter_apiが勝手に読み込んで認証処理が終了します。 initがすんだら、twitterのAPIを呼び出すことができます。とりあえずつぶやいてみましょう。
//status update
twitterApi.statuses_update({
    onSuccess: function(responce){},
    onError: function(error){},
    parameters:{status: 'yah! this is my first tweet from twitter_api.js! '}
});
 つぶやくときは、Twitterのstatuses/updateというAPIをつかうので、tm_twitter_apiでは、twitterApi.statuses_update関数を呼び出します。
うまくいったときはonSuccess、なにか問題が起きたときはonErrorのコードが呼び出されます。
つぶやきの内容など、APIに渡す引数はハッシュparametersにいれて渡します。
この構造は、全てのAPIに共通です。
//get tweets
twitterApi.statuses_home_timeline({
    onSuccess: function(tweets){
        for(var i=0;i
つぶやきを取得するコードです。onSuccessでtweetsという引数が渡されてくるので、これをループで回すと、つぶやきを取得することができます。

AndroidはGaraxySしか試せてないので、タブレット端末とかだと変わった動きをするかもしれません。どんなことになったか教えていただけると嬉しいです。
もちろんパッチも歓迎です(笑)


このアーカイブについて

このページには、 2011年6月 以降に書かれたブログ記事のうち 作ったもの カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは 作ったもの: 2011年2月 です。

次のアーカイブは 作ったもの: 2011年8月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type