技術メモ: 2008年11月アーカイブ

 メイドめーるでは日本語のメールを送信するために、 ヽ( ・∀・)ノくまくまー(07-31[長年日記])で書いていただいている、Iso2022jpMailerを使っています。
クラスを継承するだけでつかえるとてもいいアイデアだったのですが、たった一つ問題が。

IMGP8827.JPG

「~」が文字化けするのです。普通のアプリケーションだったら、まあ横棒でいいか、とか言えるし、実際メイドめーるも今日までそうやってごまかしてきたのですけど。萌え萌えなメイドさんがメールをくれるアプリケーションにおいて「~」がつかえないと言うことは、「おはようございます~」がつかえないことになってしまいます。
「おはようございますー」と「おはようございます~」は断じて違うのです!

とまあそんなわけで、技術的に追求した結果、一応「~」が出せるようになりましたのでご報告です。

IMGP8828.JPG

やり方としては、Iso2022jpMailer の

   @mail.body = NKF::nkf('-j', @mail.body)
の部分を
   @mail.body = NKF::nkf('-Wxm0 --oc=ISO-2022-JP-1', @mail.body)
に置き換えます。
ついでに、タイトルとかに「~」がはいることもあるだろうから、
      text = NKF.nkf('-j -m0', text)
も、
      text = NKF.nkf('-Wxm0 --oc=ISO-2022-JP-1', text)
にしちゃいました。

技術的な話

正直に言うと、なんでこれで化けないのか、最終的な理由は理解できていません。
ただ、あれこれやっているうちに、化ける時と化けない時があって、比較するとこうなっていることが分りました。

wave_on_jis.PNG

上がうまくいく場合で、下が駄目な場合です。日本語メールなのでJISコードでエンコードしてあります。
OKな時は1B 24 42で始まっていて、駄目な時は1B 24 48で始まる...、つまり、JIS X 0208-1983でエンコードしてあればOKで、JIS X 0212-1990だと駄目なことが分ります。
NKFのコマンド詳細を見ながら、irbでいろいろやってみると。

>> NKF::nkf('-jWxm0', "~").each_byte{|b| print b.to_s(16)+","};print "\n"
1b,24,28,44,22,37,1b,28,42,
=> nil
>>NKF::nkf('-Wxm0 --oc=ISO-2022-JP', "~").each_byte{|b| print b.to_s(16)+","};print "\n"
1b,24,28,44,22,37,1b,28,42,
=> nil
>> NKF::nkf('-Wxm0 --oc=ISO-2022-JP-1', "~").each_byte{|b| print b.to_s(16)+","};print "\n"
1b,24,42,21,41,1b,28,42,
=> nil
>> NKF::nkf('-Wxm0 --oc=ISO-2022-JP-3', "~").each_byte{|b| print b.to_s(16)+","};print "\n"
1b,24,28,50,28,37,1b,28,42,
=> nil
--oc=ISO-2022-JP-1の時だけ、ねらい通りの変換をしてくれるようです。ということで、Iso2022jpMailerにも、同じ引数を渡してあげると、「~」が出るようになった次第。
「ISO-2022-JP-1」って、JIS X 0212に対応させるための引数で。むしろ逆のような気がするし、なんでISO-2022-JP-3で駄目なのかも謎です。


mysqlをアップグレードしたらば。
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
ERROR 1146 (42S02): Table 'mysql.procs_priv' doesn't exist
こういうエラーが出るようになった。

たぶんmysqlを4→5にアップグレードしちゃったことが原因。yum一発アップグレードは怖いなぁ。

ともあれ、Table 'mysql.procs_priv' doesn't existでググったら、

MySQL Bugs: #9934: DROP USER fails if mysql.procs_priv doesn't exists というのが出てきて、冷たいことを言われた末に、
If you encounter this after an update, run mysql_upgrade_shell command: it will create the missing table.
(アップグレード後にこのエラーが出たんだったら、mysql_upgrade_shellコマンドを走らせろ。それで欠けてるテーブルが作成されるから)
ということになっている。

(当然バックアップをとってから)やってみた。
[furukawa@www ~]$ 
sudo mysql_upgrade_shell --verbose --datadir=/var/lib/mysql --user=root --password=****
Running /usr/bin/mysqlcheck  --password=**** --check-upgrade --all-databases --auto-repair --user=root
expressionengine.exp_actions
error    : Table upgrade required. Please do "REPAIR TABLE `exp_actions`" to fix it!
expressionengine.exp_captcha
error    : Table upgrade required. Please do "REPAIR TABLE `exp_captcha`" to fix it!
expressionengine.exp_categories
error    : Table upgrade required. Please do "REPAIR TABLE `exp_categories`" to fix it!
expressionengine.exp_category_field_data
:(略)
mysql.time_zone_transition_type                    OK
mysql.user                                         OK
This script updates all the mysql privilege tables to be usable by
the current version of MySQL

done
REPAIR TABLEする必要があるらしい。

[furukawa@www ~]$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 82
Server version: 5.0.68 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> use expressionengine;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql> REPAIR TABLE `exp_actions`;
+---------------------------------+--------+----------+----------+
| Table                           | Op     | Msg_type | Msg_text |
+---------------------------------+--------+----------+----------+
| expressionengine.exp_actions    | repair | status   | OK       |
+---------------------------------+--------+----------+----------+
1 row in set (0.00 sec)
:(略)
以下、この調子でテーブルを片っ端からREPAIRしていく。

columns_priv以降のテーブルはmysqlデータベースに入っている。
mysql> use mysql
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql> REPAIR TABLE `columns_priv`;
+--------------------+--------+----------+----------+
| Table              | Op     | Msg_type | Msg_text |
+--------------------+--------+----------+----------+
| mysql.columns_priv | repair | status   | OK       |
+--------------------+--------+----------+----------+
1 row in set (0.00 sec)

:(略)
mysql> exit
Bye
[furukawa@www ~]$ 
sudo mysql_upgrade_shell --verbose --datadir=/var/lib/mysql --user=root --password=****
mysql_upgrade already done for this version
This script updates all the mysql privilege tables to be usable by
the current version of MySQL

done
[furukawa@www ~]$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 84
Server version: 5.0.68 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
これでいいらしい。あんまり自信がないのだけれど、エラーメッセージでググった時に日本語の情報が出てこなかったので、とりあえずブログにあげておきます。