PHP: 2013年4月アーカイブ

cakePHPでFacebookログイン[1/2] - もぎゃろぐで書いたとおり、 FacebookSDKをつかうと簡単にfacebookログインを実装することができます。,

FacebookSDKは、この簡単実装を実現するために、内部で$_SESSIONを呼び出して、accessTokenや CSRF対策のstate変数を保存しています。 この実装は、単純なWEBサーバであれば困らないのですが、複数のWEBサーバで分散処理するためにセッションをDBに保存する、というような設定をしている場合、 このままだと動かないことが予想されます。

CakePHPは、そういうときのためにセッションをデータベースに保存したりすることができるようになっていますので、FacebookSDKの変数も、CakePHPのセッションを使ってもらうようにしたいところです。

facebookのエンジニアの人たちは優秀なので、こういう用途も想定してSDKを書かれたようです。

facebookSDKのFacebookクラスは、ほとんどの実装がbase_facebook.phpのBaseFacebookクラスで実装されて、上記セッション変数の処理だけが、facebook.phpのFacebookクラスで実装されています。
なので、facebook.phpをコピーしたcakeFacebook.phpを作って、$_SESSIONの部分をcakePHPのCakeSessionに書き換えたCakeFacebookクラスを用意すれば、FacebookSDKもcakePHPの設定に従ってくれるようになります。
ということで出来上がったのがこちらになります。 facebook.phpと同じディレクトリに配置して
App::import('Vendor', 'facebook/cakeFacebook');

$this->facebook = new CakeFacebook(array(
'appId' => Configure::read('facebook.appid'),
'secret' => Configure::read('facebook.secret'),
));
という具合にして使います。あとは通常のFacebookクラスと同じ使い方でOKです。


前の記事で予想がついている方もおられるかと思いますが、facebookログインするサイトを作っています。
RubyじゃなくてPHPで。人生何が起こるかわからないものですね。

さすがに生のPHPは書いてられないので、CakePHPを使っています。
ということで、今日の記事は、CakePHP+FacebookSDKです。
ぐぐれば似たような記事はいくつか出てくるのですが、いずれも記述が古くて動かなかったので、僕バージョンをまとめました。これも半年位すると動かなくなるのかもしれないですが。

さて、PHPでFacebookのOAuth2.0ログインを実装するやり方については、公式サイトに記述があります。
Login for Server-side Apps - Facebook Developers
ただこれだとAPI呼び出しが面倒なので、Facebook公式のfacebook-php-sdkをつかいます。
facebook-php-sdkの利用サンプルも、ぐぐればたくさん出てきますが、その大半は古い内容で現在のSDKでは動きません(getAccessToken()をわざわざ呼び出しているのは古いコードです。)
Migrating to OAuth 2.0 update: PHP SDK v.3.1.1- Facebook Developersを参考に書き直したのがこちら。 要するに、$facebook->getUser()して取れたらログイン成功、取れなかったらログインURLにリダイレクトすればOKです。昔のSDKで必要だったgetAccessTokenの呼び出しは、SDKが内部で処理してくれるようになりました。
コールバック引数を見てアレコレする部分もSDKが面倒を見てくれるので、login.phpとcallback.phpのように二つのファイルを作る必要すらありません。PHP用のSDKらしい実装ですね。


これを踏まえて、CakePHPでFacebookContollerを書いたのがこちら。
  • facebook SDKは、/app/Vendor/facebook/の下に配置。
  • appidとsecretは、bootstrap.phpに
    Configure::write('facebook',array(
      'appid'=>'***',
      'secret'=>'***'
    ));
    
    という具合に。
一応loginとcallbackを分けておきましたが、getUser()部分をbeforeFilterに移動させれば、ひとつのメソッドにまとめてしまうことも可能だと思います。
もっといえば、FacebookControllerというクラスを用意しなくても、ほかのControllerのbeforeFilterに書いてしまってもかまわないかも知れないですね。



このアーカイブについて

このページには、 2013年4月 以降に書かれたブログ記事のうち PHP カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは PHP: 2011年4月 です。

次のアーカイブは PHP: 2013年5月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type