そのほか: 2008年1月アーカイブ

わー!応援応援!

結構、楽しそうになったのでカフェをやろうと思う。
メニューはもちろんだけど引き続きカフェの仕組み?
システム?のアイデアも募集します。よろしくお願いします。
(本当にプログラマカフェをオープンする。 - $ dropdb 人生)

後問題としてプログラマだと
作業に集中しだすと入り浸っちゃうから
客の回転率が悪くなりそうです^^;
いい感じに収益をあげれる方法があればいいんだけど・・・
(おされなカフェ - Gero2.0)

 そうなのですよね。でも、居座れないと自分がうれしくないから、居座られても大丈夫なカフェを考えてみる。

・居座っている人は、満員になったら退転していただくお約束

 必須だと思います。

・飲み物を高くする

 名づけてスタバ方式。原価100円以下のコーヒーを680円で出せば、それなりの利益になります。まあ普通の作戦ですね。

#えー。やだー。毎日600円とか払えませーん! <街のプログラマさんの声

・チケット制

 BarTube方式。お客様には一綴り2000円くらいのコーヒーチケットを買っていただきます。これでコーヒー○杯飲めます、とかそういうやり方。「○月×日にamachangが来ます!」とか、そういう小さなイベントを頻繁にやるのであればお勧めのやり方。

#つまり、一回しか来店しない人が多いほど儲かっちゃうわけです。

個人的には、ふんだくられたという気はしなくて、むしろうまいやり方だなぁ、と思っています。

・月額会員制

 一杯100円ではやってられませんが、一万円/月取れるサービスなら採算が合うかもしれません。
払うほうも、いっそこの方が諦めがつくんじゃないかと。
税金面でも、一人で入ったカフェのコーヒーは経費につけにくいですが、プログラマの集まる場所の会費だったらバッチリ経費で個人事業主に優しい!

なんか他にあるかなぁ。

客に働かせるとか?早朝とか、すいている時間帯は、プログラマとして居座りつつ、もしお客さんが出たらコーヒー出すくらいはしてもいいと思うのですよね。

あ、あと混雑状況表示はぜひやっていただきたいです。


Tokyo2Point0で、じつはもう一つセッションがありました。

Information Architects Japan » iA Notebook » Web Trend Map v3.0の紹介です。
まだ正式リリースじゃないらしいですが、ブログに書いてるんだからきっとばらしていいに違いない。

Web Trend Mapというのは、ネットの有名企業を東京の路線図に載せて紹介した地図で、日本でもGIGAZINEをはじめ、たくさんのサイトで取り上げられて有名になりました。

こちらがv1.0

trendsmall.jpg
v2.0。
iA_WebTrends_2007_2_sm.gif
地下鉄に収まらなくなって、東京全域に。

そしてこちらが、昨日発表されたv3.0候補webtrend_fin2-orn5ai6.gif

なんか3階建てにw

Information Architects Japan » iA Notebook » Web Trend Map v3.0 Countdown: New Layersによりますと、収まらなくなったから三階建てになったわけじゃなく、スイスの駅の地図を参考に、ブランドクオリティとインターフェイスクオリティについてのレイヤーを追加した、とのこと。

ブランドクオリティについては、5段階でつけられています。
  • 京都風茶道体験:一番いいレベル
  • ヤキトリジャズ:イイ!
  • ラーメン屋さん:善し悪しありますが、まあいい方
  • マクドナルド:食べ物はいいんだけどね。
  • 毒入り:行ってはならない!(笑)

どういう段階なんだそれは^^; ちなみに、YouTubeやGoogleは京都風茶道体験レベル、MicrosoftとMySpaceが毒入りに位置づけられています。
brandexperience.gif

プレゼントとしてv2.0のポスターをいただいたので、早速部屋に飾ってみました。
IMGP8312.JPG
自宅が一気にベンチャー風味になりましたw



今年は仕事始めとか気にしなくてよくなったので、12/23-1/6まで、長い目に実家に戻ってきています。

といっても完全にオフになったわけではなく、午前中は家族でゆっくり過ごしたあと、午後から近所のマクドナルドで仕事。夕方帰宅、というペースです(元日も!)
用事があれば仕事の時間をずらしたり、仕事が早く終われば早く戻ってきたり。
仕事の時間は自分で決める。うんうん。これこそ僕のやりたかったことですよ!

今年の抱負。やめるほうは去年一番大きなことをやめましたから、今年は新しい方向を模索する年です。
  1. 何はともあれ、独立自営業者として生き残る。
    • 自分のやり方、能力のうち、どんなものがどれくらい求められているのか、今後どういう分野を主力にすべきなのか、それを見極める。
    • そのために、仕事は出来るだけ断らないで、いろんなことをやってみる。
    • あと、積極的に人と会う。これは昨年と変わらず。
  2. とはいえ、せめて昨年並みの収入(売り上げ)は出したい。
  3. できれば年末には法人化を検討できるくらいになっていれば素敵ですね。

なんだか低めの目標に見えるかも知れないですが、剣を振るのは足元をしっかり固めてから、がポリシーです。
それでは、本年もよろしくお願いいたします。