そのほか: 2008年2月アーカイブ

いったん自宅に帰って夕食を食べた後、再び会社に戻って仕事をする「にど出勤」という話が出ていました。
生命保険 立ち上げ日誌: にど出勤

これを見て思い出した話。

Skyにつとめていた頃に、アメリカ人の同僚と一緒に仕事をしたことがあります。
大変腕のいいエンジニアだったのですが、残念ながら日本で働く以上日本の働き方にある程度あわせる必要があって、結果として彼も夜9時とか10時まで働く日々が続いていました。

そうすると、当然夕食を食べて再び働くことになるのですが、ある日彼はそこに奥さんを呼んできていたのです。
オフィスのあるビルの地下のレストランで奥さんと食事をした後、彼はオフィスに戻って仕事を片づけて、奥さんはその間、どこかで暇つぶしをしていた模様。
んで、9時頃仲良く一緒に帰って行きました。

ああ、そういう手があるか、と。
毎日できるものではないですが、たまにやるのだったら、家族も非日常気分を味わえるし、自分も、残業しつつも家族との時間をとることができて、なかなかいいアイデアではないでしょうか。

できる環境とできない環境があるとは思いますが、仕事が追い込まれているときでも家族のことを忘れないナイスな方法だと思うので、みなさまよかったらお試しくださいませ。



IDEA*IDEAさんで紹介されていたWindowsアプリケーションで「TaskLog」というのがあります。

80個以上のプチプログラムでWindowsをちょこっと便利に | IDEA*IDEA


「一日の時間の使い方を記録してみよう!」っていうライフハックがあるじゃないですか。あれをサポートしてくれるソフトウェアです。
タスクバーに常駐して、クリックひとつで今何しているかを切り替えられるのはもちろん
input.gif
決まった時間ごとに「まださっきの作業やってる?」とポップアップを出して確認してくれます。
popup.gif

デフォルトでは1分ごとに聞いてきてうざいことこの上ないですが、30分ごとに設定を変えると、なかなかいい使い心地になりました。

こんな感じで、どの仕事を何時から何時までやっていたかログにつけてくれます。
log.gif

WEB系の自営業者なんてほとんど一日パソコンに向かっているような生活ですから、これでほぼ一日の時間の使い方を把握できるはずです。

というわけで、やってみました。僕の一月の時間の使い方(何時から何時までではなくて、一日24時間のうちどれくらいを何に使っていたかのグラフ)です。
timelog.gif
(クリックすると大きいイメージが出ます)
現在のところ、ちゃんと受注と言えるほどの規模のお仕事は一社からしかいただけていないので、主な時間の使い方は、
  • いいめも:メンテナンスとか、次バージョンの開発とか。
  • n社さん:お仕事です
  • そのほか:上記以外の小口のお客様とか、受注未満の営業活動とか、経理とか
  • pause:WEBを見ていたり、メールチェックしていたり、寝ていたり
となっています。
....

....いや、おかしいだろ?
1/10,11は夜も眠らずに僕は何していたんでしょう?^^; 一日12時間も働いた日もないはずです。どう考えたってデータがおかしい。

原因はだいたい予想がついていて、PCの電源を切っている時間です。
PCが動いている間は、30分単位で確認してくれるので大きくても30分の誤差しか出ないのですが、PCの電源を切るときに仕事中のまま電源を切ると、tasklogは何にも考えずにそのまま次に電源が入るまで仕事をしていたものとして記録してしまいます。
その結果、仕事をしていて寝る前にpauseにし忘れてPCの電源を切って寝ると、翌朝まで働き続けたログがついてしまうわけです。

PCがスクリーンセーバーになったり、サスペンドしたらそれを勝手にログにつけてくれるといいのだけれど。連絡してみようかな。



アジアのサービスを世界に発信するAsiajinの第一回イベントですが、日本人の申し込みが多くて困っているみたいです。

申し込みページの下にはこんな注記が。
supplemental info for Japanese readers

* 基本的に東京在住の外国人を募集しています。日本語が第一言語の方は英語でのプレゼンテーション必須です(他人作の日本語のサービス紹介等でも可。5分以上目安)。予定されるプレゼンテーションのテーマをコメントに書いてください。話者多数の場合は2回目にお願いする可能性があります。

これからのWEBサービスは日本だけじゃなくて世界だ、と思いつつ、どこから手をつけていいか分からないので、秋元さんのやっているイベントなら何とかなるだろう、と思った方がおられるのですね。ええ、僕のことですけど。

とはいえ、asiajinは日本のWEBサービスを世界に発信するためのものですから、あんまり日本人がどかどか行って雰囲気を壊してしまうのは確かに申し訳ないと思います。

ということで、Asiajin Meeting Tokyoの代わりにTokyo2point0はどうか?というご提案です。

前回自分が行ってきたレポート
mixiのコミュニティ

国際色の豊かなイベントですが、日本で暮らしている外国人の方ですので、だいたい日本語も通じます。取り上げられているスピーカーさんも、ongmap.comとか、リクルートさんとか、普通に分かる範囲の方が多いようです。

実は今日行く予定だったのだけれど、雨なのであきらめました。

代わりに今度は、Pecha Kucha Nightというのに行ってみようかな、と思っております。

そんなわけで、asiajin以外にも東京で行われる英語のイベントがあるよ!というお話でした。


もし今、自分が20代で新卒で、もう一回就職活動の時期を迎えているとしたら、どこに入ろうとするか?という話。
父「最近、同僚に、『もう一度、就活するなら、どの会社を目指す?』って聞いているんだ。さまざまな反応があって面白いよ。会話も結構弾むんだ。」
いよいよ動き出した就職戦線!|父と娘の就活日誌|ダイヤモンド・オンライン

面白い話題だと思うので、勝手に答えてみます。どなたかついてきていただけるとうれしいです。

自分がもし今20そこいらで、これから就職活動をするのだったら、やっぱりベンチャーですね。 自分で公開したWEBサービスを持って、マイネット・ジャパンさんやはてなさんとか、ウノウさんとか、回ってみますね。若いうちからそんな会社にいたら、きっとすごい経験がつめただろうと思います。

でも、本当に就職活動の時期に戻ったのなら、そこで起業しちゃうなぁ。学生当時、小さなソフトハウスでアルバイトさせていただいていたのですが、中途半端なところでやめて、普通に大学に戻ってしまったのです。ここで退学覚悟でつっこんでいれば、ホリエモンと同じスタートラインだったのだなぁ、と「100億稼ぐ仕事術」を読んで思った次第。




Akkyさんが「部分的に」フリーになったそうで、おめでとうございます。フリーいいっすよ!

自宅だとお茶とトイレが近くていい

そうですよね!朝昼晩ご飯を自宅で食べられるのはもちろん、10時と3時のおやつだって食べられます!

自分の場合、さらにこんなのを導入して、仕事中に風呂にも入れるようにしました。

24時間いつでも風呂に入れる「沸かし太郎」!
キーボード打っていて手が冷えたらいきなりお風呂で暖めることができて、とても快適です☆



楽天ポイントがたまる楽天カードというのを使っていたのですが、会員規約が変わって都合が悪くなってきたので、解約することにしました。
#コンビニ払いできないのでは...

クレジットカードの解約って、WEBとかでは受け付けてくれなくて、電話でめんどくさい手続きをしないといけないので、あんまりやりたくないのですが....

Trrr....
「楽天カードです。自動応答システムでお承りいたします」
「カード番号を入力してください」ピピピッ!
「利用残高照会、○○の方は1を....○○、解約は2と#を押してください」ピッ!
「生年月日を入力してください」ピッ!
「解約します。よろしければ1を...」ぴっ!
「承りました。」

おわりっ!?

このあと、「ご利用ありがとうございました。カードは利用できないようにしてから破棄を...」っていうところからして、本当にこれだけで解約できてしまうらしいです。さすが。