そのほか: 2009年6月アーカイブ

百式の田口さんは、朝早起きをしてあのブログを更新しているのだそうです。マネして早起きをすると、とても集中力の高い時間が確保できることに気づきました。

photo by yogi

複雑なプログラムを書いたりする場合、最大の敵は割り込みだったりしますが、朝一まだ誰も起きていない時間は割り込みが入りづらいので、集中力を必要とする仕事をするのに最適です。
#そして、早起きすると昼間眠いので、おひるねがとっても気持ちいいのです!

よく、優秀なプログラマとそうでないプログラマは10倍くらい差がつくといわれていますが、集中力の高い時間の自分とそうでない時間の自分もやっぱり同じくらいの差がつくので、集中力の高い時間の自分をどう活かすのかがポイントになります。

生産性10倍のプログラマに余計な会議や書類仕事をさせるべきでないのと同じ理由で、朝の生産性の高い時間にRSSリーダーを見たり、メールチェックするのは絶対にまずい。「おきた」とかtwitterに書くのは論外です。

メールチェックとかtwitterをやり始めると、「あ、この記事おもしろそうだから見ておこう」とかなって、ついでにちゃんねるのまとめサイトとか見てしまうともう最悪。朝の貴重な時間があっという間に消えていきます。
残りの時間の自分が3倍がんばったって朝の時間の自分にはかないませんから、結局その日はほとんど何もしていないに等しい。田口さんの生業と違ってぼくらのメールチェックやサイト巡回は大して集中力を必要としないのだから、そんなのは昼間やるべきです。

そういうわけで、前日のうちに朝の自分にお願いすることを作っておくのがいいという気がしてきました。前の日、効率があまりよろしくない時間は、朝やる仕事を準備するために使います。
プログラムだったら、とりあえずコードを書いておく。動かなくてもバグっていても効率が悪くても汚くてもいいから、とりあえず収まるべき位置にファイルが納まって、間違っていてもいいから結果が出力されるようになっていたら、あとは、朝の優秀な自分が「なんだよこのコード、しょうがないやつだな」といいながらちゃんとしたコードに書き直してくれます。

偉そうなことを言いながらこの時間にブログを書いているのはつまり、昨日まで旅行をしていたから今朝の仕事の準備をしていなくて、何やっていいか分らなくなって迷走しているからです。ちくしょう!