大きな会社小さな会社: 2007年10月アーカイブ

会社は自ら助けない者も助けちゃう?のつづき。

経営する人としては、そんなにがんばってスーパーエンジニアを育てなくても、まあとりあえずそれなりにやる気はありますよ、という程度の人でもたくさん連れてきて、一律の教育制度を用意して、とにかく数で勝負しちゃった方が、実際儲かってしまうんだろうな、と。

そういうわけで、会社としては、技術が好きで好きで仕方ない人をぐんぐん伸ばすより、そうでもないけどとりあえず会社を辞めないで仕事をちゃんとする人をいっぱい養成したほうが有利になってしまう、というお話の続きです。

そういう経済原理がある中で、shi3zさんのような考え方をする方はとても立派だと思うのですが、壁に突き当たるのがとても心配です。つまり、これから会社が成長してさらにたくさん人を雇うようになったとき、技術が好きで好きで仕方のない人だけを集め続けることができるのか?

結局、やる気は多少劣るけど、まあ仕事は無難にこなせるからいいか、みたいな人を妥協して取らざるを得なくなるんじゃないのかな、と。同時に、増え続ける人数に対して今のような目配りは次第に困難になってきて、しょうがない、研修はメニューを用意するから、やる気のある人は勝手に行ってください、ということになってしまうんじゃないかな、と。

今、研修メニューは用意した、行きたいものは各自上長許可の上人事部に申請のこと(でも仕事が忙しくてそれどころじゃないですから!)みたいなシステムになっている会社だって、最初からそうだったわけじゃないと思うのです。
たぶん最初は、社長自ら、バイトの採用にも立ち会って、手塩にかけて育てていたんだと思うのです。そのバイト君が社員になり、リーダーになり、今部長をやっていたり。でも、そのがんばりのおかげで社員が100人になり、1000人にもなると、社長が名前を覚えることすら困難になり....そして...普通の会社になっていったんじゃないのかな、と。

僭越ながら、そうならないことをと心から願っております。

追記:

しまった。そんなことはとっくにご存知だった。

デュアルディスプレイとポルシェ - shi3zの日記
ただ、こんな贅沢を言えるのも、UEIが発展の途上にある会社で、オーナーを含む経営者全員が会社の発展を強く指向していて、社員数が十分少なく、しかも幸いにして一度も赤字を出したことがないからです*2。

大企業になれば、膨大な社員を統率するために細かな服務規程が生まれますし、一部の社員を優遇すると労働組合に怒られる可能性もあります。

すいません。やっぱり僭越でした。今後もぜひ、志あるエンジニアに居心地のいい会社を作っていただければと思います。



天は自ら助く者を助ける - shi3zの日記
僕は才能をもった人にはどんどんお金とチャンスをあげたいと思っていますし、知見を広げてさまざまな経験をさせてあげたいと思っています。 でもそれは彼らがそうした才能を持っていて、その彼らの才能を育てることに意味を見いだしているからです。 しかし働く気も学ぶ気もないというような人に対して、誰がそんなことをするでしょうか。

 そんなことする人がいるはずがありません!と言いたいところなのですが。 「○○言語一週間コース」とかにいくと、必ず最後寝てる人がいるじゃないですか。 やる気のある人しか会社が研修にいかせないのだったら、そんな人いるわけがないですよね?

その一方で、すっごいやる気のある人も、「研修は年に二回まで」みたいなルールで制限をかけられたりします。 shi3zさんみたいにしていただける会社って、そんなに多くはないんじゃないかな。
何でそうなのかな?どうしてみんなshi3zさんみたいにしないんだろう?というのが不思議だったのです。

実は世の中、やる気はそこそこでもいっぱい人を集めた方が得をする理由が存在したんじゃないのかな、と。
「天は自ら助く者を助ける」といわれているけれど、実は自ら助けない人も助けてしまうべき理由があるんじゃないのか?と。

たとえばソフトウェアの開発の一次請けみたいな会社だと、スーパーエンジニアが一人いてもせいぜい100万円/月しかお金をもらうことができません。
ところがここで、そんなにすごくないけどまあお客さんが怒らない程度のエンジニアが10人いると、50万円×10=500万円の売り上げを上げることができます。
スーパーエンジニアに10倍の生産性があったって、500万円/月払う会社は普通存在しないわけです。

だったら経営する人としては、そんなにがんばってスーパーエンジニアを育てなくても、まあとりあえずそれなりにやる気はありますよ、という程度の人でもたくさん連れてきて、一律の教育制度を用意して、とにかく数で勝負しちゃった方が、実際儲かってしまうんだろうな、と。

たぶんこれってソフトウェア業界だけじゃなくて、たいていの会社がそうなんじゃないかと。工場労働みたいな世界では、安定した品質の物をたくさん作るかが勝負なので、すごい物をちょっとだけ作れる人の出番は少ないだろうし。おやつを作る会社でも、大ヒット商品を一個作るよりは、そこそこ安定した物をたくさん持っていた方が経営が安定するんじゃないかな、と。年に一回めっちゃおもしろい記事が載るけど、あとはまるでおもしろくない週刊誌というのも、たぶん存続できなかったのだろうと。

芸能界とか、コンサルティング業界とか、誰かひとりビッグネームな人がいれば多額のお金をいただいてくることの出来る業界ではスーパーマンが存在できますが、そうでない業界では、なかなかスーパーマンを評価できないし、育てる理由も存在しなかったんじゃないのかな、と思うのです。

....エントリが長くなってきたので、二回に分けさせてくださいませ。



このアーカイブについて

このページには、 2007年10月 以降に書かれたブログ記事のうち 大きな会社小さな会社 カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは 大きな会社小さな会社: 2007年11月 です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type