crontab の恐怖

 今日やった失敗。

linuxにはcronという、決まった時間になったら○○をしてね、と登録できるシステムがあって。crontab -e と入力すると、編集画面が起動するようになっています。
あるタスクを追加しようとして、
$ crontab -r

あ、間違えた。

$ crontab -e
no crontab for daisuke - using an empty one

・・・・using an empty one?空っぽのファイルをつかいます???

あーっ!

crontab -eと一文字違いのcrontab -rは、crontabの設定ファイルを消去するコマンドです。

となりのキーにそんな危険なコマンド当てるなよ....確認もなしにファイルを消すなよ...


こういう時のために作業ログが取られているので、そこから古いファイルの内容を拾ってきて復元できたわけですが。
これは心臓に悪いなぁ。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: crontab の恐怖

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/682

コメント(1)

mogya :

偉い人がちゃんとした対策を考えてくださっていたのでご紹介。
恐怖のcrontab-r.設定ファイルはレポジトリ管理せよ-SlowDance : http://d.hatena.ne.jp/LukeSilvia/20080621/p1

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年1月15日 21:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 空メール処理の難しさ 」です。

次のブログ記事は「 PHPでメール送信(webteko第四回) 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type