CentOS4でiptablesをリスタートしたらsshが切られる

iptablesをリスタートしたらsshが切られる現象が起きまして。 最初は、テーブルの書き換え方がまずいのかな、と思ってはてなで聞いてみたりしていたのですが。

調べた末に、iptablesを終了した際にKernelPanic起こしていたことが分りました。

解決策については、おれ最前線ねっと - Kernel panicで書いていただいているとおり、Kernelを新しくするか、古くすればOKです。

問題なのは、このサーバは遠隔地にあるということで。 カーネルをアップデートしたら再起動しないといけないですけど、普通にやると終了時にKernelPanicを起こして、二度と上がってきません。

メールとか電話で再起動を依頼できるのですけど、必要以上に頼みたくないですし。

そんなわけで、Bug 456664の状況下で、KernelPanicせずにリブートを成功させる方法を見つけたのでメモです。

  • とりあえず普通にKernelをアップデート(または、grub.confを修正する)
  • /etc/sysconfig/iptables-configを開いて、IPTABLES_MODULES_UNLOAD を"no"にする

これで、iptablesの終了時にモジュールのアンロードをしなくなるので、KernelPanicせずにリブートさせることが出来ます。とりあえずこれで一回リブートしてkernelが変われば、あとは設定を元に戻してもiptablesをrestartさせることが出来るようになります。やれやれ。


#今回の調査のために10回くらい依頼したから、今さら一回くらい一緒なんですけどね。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CentOS4でiptablesをリスタートしたらsshが切られる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mogya.com/mt/mt-tb.cgi/722

» CentOSのkernel panic(DOOM! DOOMER!! DOOMEST!?)~のトラックバック

一月程前に書いた「kernel panic は体に悪いぜ」に、コメントを頂きました。”もぎゃ”さんありがとうございます。 Red ... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、 もぎゃが 2009年4月18日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 webteko6:実践AmazonS3&EC2 」です。

次のブログ記事は「 サービス丸ごと預けるのが怖い? 」です。

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。

Powered by
Movable Type